体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SUPER BUTTER DOGの刹那の輝きをパッケージしたファンクの名盤『FUNKASY』

エンタメ

ハナレグミが通算7枚目となるニューアルバム『SHINJITERU』を10月25日にリリースする。そこで今回は、彼、永積タカシのキャリアのスタートであるバンド、SUPER BUTTER DOGのことを取り上げてみよう。レキシとしての活躍の他、今や役者としても一般層にその名を轟かす池田貴史も在籍していたファンクバンドでもある。彼らの音源を聴き、その歩みを振り返ると、そのバンドとしての成り立ちと進化・深化が実に興味深いことが分かる。
『これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!』 (okmusic UP's)
バンド活動とソロ活動と…

ずいぶんと前の話になるが、過去にバンドを組み、その解散後、シンガーソングライターとして活動しているアーティストにこんな話を聞いたことがある。「ギター1本で歌っていると自分のタイミングでテンポを変えることができるけど、バンドではそれができない。バンドでは自分が欲しいと思う音を他のメンバーに出してもらうことができるけど、独りではそれができない。悩ましいところだ」。細かいところは忘れたが、確かそんな主旨だったと思う。バンドが嫌だからソロをやるとか、ソロでは限界があるからバンドを組むとか、そういうことではなく、どちらにも長所があって、こっちがいいとは一概に言えない──そういう話だったと理解している。我々はとかく醜聞に目が行きがちなので、バンドが解散する時はメンバー間に軋轢が生じた…といった話に収めがちだが(そういう理由で解散するバンドもたくさんあることもこれまた間違いないが)、そのバンドではできないことをやりたくなって活動を休止したり、解散したりするケースもあるということだ。最近だとバンドはそのままに、そのメンバーが新しく別のバンドを立ち上げることも少なくなくなったが、それも上記のケースに含まれると思われる。
メンバーの誰かひとりがリーダーとなってそのバンドを引っ張る、所謂ワンマンバンドであれ、そうではなくて各人の意向が反映されるバンドであれ、メンバーがふたり以上いれば大なり小なり、そういうことは起こり得る。バンドが自己主張を旨とするアーティストの集合体であれば、どこかで解散するというのは自明の理であり、それは仕様がないことなのであろう。古今東西、傍から見て「何で解散しちゃうんだろう?」と思ってしまうバンドもいるだろうが、そう考えると分かりやすい。要するにそのバンドでの生産性がなくなったわけで、続けることが前向きではなくなったということである。そのバンドが活動を前向きに捉えられなくなったとすれば、極論ではあるが、活動休止や解散はむしろ歓迎すべきことなのかもしれない。そう考えると、(これまた無理やりな論法であるが)解散したバンドが過去に制作した音源の貴重さが増すと思う。その音源は、二度と同じことができない、まさに刹那の品であり、そのバンドが遺した結晶のようなものであると言える。その瞬間にしか産めなかったケミストリーを味わえる、まさしくレコード(記録)なのである。
演奏の気持ち良さを追求

いつも以上に強引に話を持ってきたが、今回取り上げるSUPER BUTTER DOG (以下SBD)はまさしく前向きに(?)解散したバンドではないかと思うし、彼らが遺した音源は当時の輝きをそのままにパッケージしている。SBDは1994年、永積タカシ(Vo&Gu)と竹内朋康(Gu)を中心に結成。2人の学生時代の後輩であったTOMOHIKO(Ba)、そして竹内の地元の仲間、沢田周一(Dr)と池田貴史(Key)に声をかけ、さらには山口めぐみ(Vo)を加えて、活動を開始した。1997年にアルバム『FREEWAY』でメジャーデビュー。翌年には2ndアルバム『333号室』を発表し、1999年には山口が脱退するものの、3rdアルバム『Hello! Feed☆Back』をリリースと、極めて順調に活動を展開していった。しかし、永積は、少なくとも当時はプロを目指すような気持ちはなかったようで、「ライヴハウスでライヴができて嬉しい」といった捉え方をしていたという。また、池田も「バンドは楽しかったけれど、職業にしようとは考えなかった」と結成当時を振り返っている。当時、クラブで働いていたこともあるという竹内はその頃の音楽シーンの流れを感じていたのでは…と後に永積は振り返っているが、それにしてもバンドとして大きな野心はなかったようである。これは想像だが、極端なことを言えば、初期のSBDは演奏の気持ち良さを追求したバンドだったのではなかろうか。
今も残るスリリングなパフォーマンス

1 2 3 4次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会