ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

iPhone外付けカメラ「DxO One」がアップデート! Android版も間もなくリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
iPhoneのカメラをプロ仕様にしてくれると人気の小型外付けカメラ「DxO One」が、大幅にソフトウェアをアップデートした。Facebookのビデオストリーミングに対応するほか、タイムラプス撮影も可能になった。

加えて、これまでiPhone用のみだったが、新たにAndroid版もリリースされる。

・マルチアングルを実現

DxO Oneは撮影をアップグレードするコンパクトカメラ。DxO One単体でも撮影は可能だが、モニターがかなり小さめで、iPhoneとライトニングコネクタでドッキングさせることでiPhoneをモニターとして使えるようになる。

しかしDxO OneはただiPhoneをデジカメ化するだけではない。売りは、コンパクトさに加え高性能であることだ。1インチ20.2メガピクセルのセンサーを搭載し、最大絞りF1.8。RAW撮影も可能となっている。

そこに、今回加わったのがDxO OneとiPhoneのカメラを組み合わせてFacebook Liveでストリーミングする機能。マルチアングルとなるので、アングルを取り混ぜてかなり本格的な映像となること請け合いだ。

また、自動で撮影設定する機能を使ってタイムラプスも簡単に撮れるようになった。

・メールアドレス登録を受付中

こうしたワンランク上の撮影を、Androidユーザーにも間もなく提供する。今サイトでメール登録すると、Android版リリースについての情報をいち早く案内してもらえるようだ。

ちなみに、今回のアップデートに合わせてアクセサリも追加している。新しい電池パックを使えば撮影時間が2倍に伸び、さまざまな角度で撮影ができるようスタンドも用意された。

手持ちのコンパクトカメラをグレードアップしたい、スマホでもっといい写真を撮りたいという人はチェックする価値は十分にありそうだ。

DxO One

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。