体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【商店街調査】昼は大学生、夜はビジネスパーソンが集う北千住サンロード商店街の魅力

【商店街調査】昼は大学生、夜はビジネスパーソンが集う北千住サンロード商店街の魅力

JR常磐線や東京メトロ日比谷線、東京メトロ千代田線、さらに東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)、つくばエクスプレスが乗り入れる北千住駅。周辺には様々な商店街があるのだが、今回は「北千住サンロード商店街」に注目。同商店街のユーザー100人にアンケート調査を行い、行きつけの店などを聞いた。

昼より夜がにぎわう!? 居酒屋人気が高めの商店街

北千住サンロード商店街は、北千住駅西口から徒歩で約5分の場所にある。飲食店をはじめ、書店や寝具店などが約70店舗ほど並ぶこの商店街を利用する人々は、どこに魅力を感じているのだろう。「この商店街の好きなところ、気に入っているところはどこですか?」と質問してみたところ、TOP10は以下のような結果になった。

●好きなところ(複数回答)

1位:安いお店がある(47.0%)

2位:混雑度がちょうどいい(41.0%)

3位:活気がある、雰囲気がよい(40.0%)

4位:自分の好きなお店がいくつかある(36.0%)

5位:美味しいお店がある(35.0%)

6位:お店の数・種類が豊富(33.0%)

7位:商店街の長さがちょうどいい(30.0%)

8位:個人経営のお店がある(22.0%)

9位:お店の人と会話しやすい雰囲気がある(19.0%)

10位:常連になっているお店がある(18.0%)

1位は、「安いお店がある」の項目。食べ歩きができるようないわゆるお惣菜屋はあまり多くないので、ただ商店街をフラッと歩いただけの筆者はそんなに多くの店舗を確認できなかったが、この商店街が普段の生活の一部となっているユーザーが言っているのだから、きっとそうなのだろう。

2位「混雑度がちょうどいい」に関しては、筆者が訪れたのは平日だからかもしれないが、ちょうどいいというよりもむしろ少ないように感じた。しかし、周辺に大学が多いせいか学生らしき人が歩く姿が見受けられた。

3位「活気がある、雰囲気がよい」については、繰り返しになるがあまり人が多くなかったため、正直なところあまり実感はない。とはいえ、4割のユーザーが回答していることと、平日は16時~18時、休日は13時~18時まで歩行者天国になることを考えると、もしかしたら夜のほうがにぎわう商店街なのでは? と思い、別の日だが、あらためて夜の商店街を歩いてみることに。

すると、昼間は周辺地域にお住いであろう方々が多かったが、17時半にもなると、スーツを着た人たちの姿が増えた。そこで、18時になったばかりだというのにすでにビール4杯目という30代・会社員の方に話を聞いてみた。ちなみに、職場が北千住というわけではなく、お隣の町や駅が会社の最寄だそうだ。

――この商店街にはよく来ますか?

「週に2回くらいです。大体は月曜と金曜が多いと思います」

――この商店街の雰囲気はどうですか?

「あまり混んでいなくて、ゆったり飲めるので好きです。新宿とか上野でも飲んだりしますけど、隣と距離が近すぎるとなんか気になりますよね……。あと、そんなに大きな商店街ではないので、みんな優しい気がします。例えば、おつまみ1品おまけみたいなのって、大きいところだとあまりないですよね」

――職場は町屋とのことですが、どうしてわざわざこっちまで来るのでしょう?

「帰りは北千住で乗り換えがあるので、町屋で飲むよりもなんとなくゆとりをもって飲めるので」

――ビジネスパーソンの方が多いように感じますが、憩いの場のような存在ということでしょうか?

「少なくとも私にとってはそうだと思います。まあ、基本的には仕事と家庭の愚痴ばかりですが……」

話を聞く限り、この商店街はほかのターミナル駅などをあまり利用しない人にとって役立っているようだ。少なくとも、話をしてくれたこの方にとってはそうだろう。

4位には「自分の好きなお店がいくつかある」がランクインしているが、こちらは具体的にどんな店によく行くのかを聞いたところ、「バーミヤン/安くておいしい」(44歳・男性)、「ゴーゴーカレー/カレーがおいしい」(36歳・男性)など、チェーン店をあげる声も散見されたが、せっかくなので“個人商店”を以下にまとめる。

【もつ焼き おとんば】

「値段が安くておいしい」(21歳・男性)

【沖縄居酒屋 うるま島2ターチ】

「本格的な沖縄料理が味わえて、雰囲気も沖縄そのものを楽しめる」(46歳・男性)【画像1】商店街周辺の歴史(写真撮影/明日陽樹)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会