ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アンジャ渡部建も満足! 南青山にできた食パン専門店

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

アンジャ渡部建も満足! 南青山にできた食パン専門店
J-WAVEで放送中の「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「HUNGRY OUT」。10月6日(金)のオンエアでは、10月7日に青山にオープンしたばかりの食パン専門店「Viking Bakery F」を紹介しました。

場所は南青山1丁目に位置しており、乃木坂駅から徒歩2分です。お店をオープンする前に清澄白河に「研究開発ラボ」を開き、一般販売を2カ月半実施。その中で20〜30種類ほど試行錯誤を重ねたそうです。店名についている「F」は「FIRST」の「F」で、清澄白河のお店が「Viking Bakery 0(ゼロ)」という名前だったことから、新たにオープンするお店は「Viking Bakery F」にしたそうです。スタジオには3種類の食パンをお持ちいただきました。

◯プレーン(800円)
お店の方によると、カナダ産の一等粉と石臼挽き粉を使用。一等粉は、日本酒でいえば大吟醸にあたるそうです。バターを塗って食べてみた渡部も「香りが非常に良いですね! 食べていると、どんどん甘みが出てきますね」と感激。

◯シリアル(850円)
熊本県産の21種類の雑穀を、自家製の酵母で炊き上げて、生地に練りこんだもの。プレーンの”しっとり・もっちり”に対して、こちらは”ふんわり・さっくり”。「サクッという食感と雑穀の食感もアクセントに良いですね! 食べ応えがあります」と大満足の渡部。

◯ほうじ茶&ホワイトチョコ(460円)
苦味と甘さのコントラストが楽しめる一品。生地に、ほうじ茶の、ほんのりとした苦味が感じられて、オーガニックのホワイトチョコレートを使用しているので、一般的なホワイトチョコレートよりも軽やかな甘さだそうです。渡部は「甘みもあるけど、鼻から抜ける感じはほうじ茶ですね」と、味わっていました。

ほかにも、チーズ&ブラックペッパー、ハニーレモン、シャンパンとイチゴの食パンなどもあるそうですよ。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:毎週金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。