体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

行楽、スポーツの秋!涼しさで油断しやすい季節だからこそ、健康を保つために美味しく水を摂取

①shutterstock_308859035
人の身体は、60%以上が水分でできています。水分が不足すると、疲労したり、身体は不調になりがち。秋に入り過ごしやすくなったとはいえ、おでかけやスポーツにとこの季節は身体を動かすことが多いですよね。気づかぬうちに、汗をかいているかもしれません。
一日にどれくらいの水分を摂取していけばいいのか、そして上手に取り入れるポイントを、アクアアドバイザーの久保田美穂さんにお話を伺いました!
一体、私たちは一日にどれくらいの水が必要なのでしょうか?
②slat_point_04
「水は1回につき、コップ一杯程度(150~250ml)を一日に6~8回に分けて飲むのがよいと言われています。一日1.5ℓ~2ℓ程度。冷たすぎないものを、喉の渇きを“感じる前”に摂るのが基本です」と説明する久保田さん。
特にコーヒーやお茶には利尿作用があるので、カフェイン飲料をよく飲む人は少し多めに水を飲むようにするとよいそうです。
また、汗をかく季節や運動時にはこまめに水分補給をする必要があります。
屋外にいなくても知らないうちに汗をかいているので、15分に1回を目安に水分補給を行うのがベストなのだとか。
しかし、15分ごとに水分補給するというのは、なかなか難しいところ。いつでも水を美味しくするコツはあるのでしょうか?
自分のお気に入りのグッズを使い、すぐに喉を潤せるように
「水筒やお気に入りのタンブラー、ウォーターボトルに入れて持ち歩き、気づいた時に少しずつ飲むように心がけましょう。」
探してみると、マグタイプ、ストロータイプなど形・素材も幅広く豊富にあるようです。自分の好みと用途にあわせて、適温で飲み物を持ち歩くのが、手軽に水分補給する秘訣ですね!
③main
2017年10月中旬から日本での発売が予定されている、15の機能を持つスマートボトル「Golchi(ゴルチ)」。2つの異なる温度のドリンクを持ち運べる優れものです。オフィスにアウトドアに持っていきたくなりますね!https://greenfunding.jp/lab/projects/1909?utm_source=prtimes&utm_campaign=20170704&utm_term=golchipj

最近話題のデトックスウォーターで味に変化を
そのままの水でもいいですが、飽きてしまいそう。そんな味に変化が欲しい方には、フレーバーウォーターがおすすめです。
「スライスレモン、ライム、ブルーベリーなどのフルーツを入れれば、香りも良く、飽きずにおいしく飲めるだけでなく、ビタミンも一緒に補給することができるので一石二鳥ですよ。」
フルーツは、自宅にあるものなど、なんでもOKなんだとか。難しく考えずにチャレンジしてみたいですね!
④aroha
フィルター付ドリンクボトル「ALOHAボトル」。こちらは約85gと軽量で、フルーツが映えるかわいく便利なボトルです。ハワイで購入できるそう。
マルラニハワイ「本店」~ 虹が見えるマルラニハワイ本店 ~http://www.malulani.tv/

1 2次のページ
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会