ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

May J.が「歌っちゃいけない」と思っていた曲

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

May J.が「歌っちゃいけない」と思っていた曲
FMラジオ局J-WAVEの開局記念日だった10月1日(日)。特別番組「J-WAVE SPECIAL TUNE INTO THE FUTURE 1988」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)が放送されました。J-WAVEが開局したのは1988年ということで、日本を代表する活躍を見せる1988年世代の6人、3組による対談やライブセッションをお送りしました。

ここでは、小春さん(チャラン・ポ・ランタン)のアコーディオンに合わせてMay J.さんが歌うライブセッションパートをご紹介します。

ボーカルを担当する妹・ももさんとのユニット、チャラン・ポ・ランタンでは、アコーディオン演奏に加え、多くの楽曲の作詞・作曲を担当している小春さん。東西のあらゆる音楽をミックスしたサーカス風の陽気なリズムと、女性が共感する歌詞で独特の世界を確立しています。

そしてMay J.さんは、圧倒的な歌唱力で聴く者の心を打つ歌姫。異色の組み合わせですが、今回は、2人が“どんな曲に影響を受けて音楽の道に進むようになったのか?”という2人のルーツとなった曲をセッションしました。

まず1曲目に小春さんがセレクトしたのは、ミュージカル映画「オズの魔法使い」の劇中歌「虹の彼方に」。説明しなくとも誰もが1度は聴いたことのある曲ではないでしょうか。

「実は私の親戚中、みんな絵描きなんですね。ぜんぜん音楽の人がいなくて、だから小さい頃から、物心つくまでずっと絵本を読んでいる子どもだったんです」(小春さん)

そんな小春さんの家に「オズの魔法使い」の飛び出す絵本があったそう。映画を観たのは絵本の後だったそうですが、初めて映画と一緒にこの曲を聴いた小春さんは、「私がイメージしていた音楽と想像以上の歌にすごい衝撃を受けまして…」と話されました。

「オズの魔法使い」はMay J.さんも大好きで、しばし映画について話が盛り上がりました。実は「虹の彼方に」を歌うのは、今回が初めてというMay J.さん。これに「そうなんですか!? めっちゃ歌ってそうと思って選んだのに(笑)」と小春さんは驚いていました。

一方、そんなMay J.さんがセレクトしたのは、ホイットニー・ヒューストンの「I Will Always Love You」。お父さんがよく聴いていた影響だと話します。ケヴィン・コスナーとホイットニー・ヒューストンが共演した映画「ボディガード」の曲なのですが、小さい頃に家族でこの映画を何度も観たそう。

「でもね、ホイットニーっていうと、本当に“ザ・歌が上手い歌手”っていうイメージはずっと変わらないので、ある意味、歌っちゃいけない曲だなってずっと思ってて…」と明かしたMay J.さん。しかし、最近では曲の良さに改めて気付き、ライブでも披露しているそうです。

ということで、「虹の彼方へ」と「I Will Always Love You」の2曲がセッションされました! 本当に素晴らしいセッションだったので、いつか、生ライブのステージで観てみたいですね!

この他、番組ではDream Amiさんと清水翔太さんによるボーカリスト対談、中尾明慶さんと大野拓朗さんの俳優対談をお送りしました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:特別番組「J-WAVE SPECIAL TUNE INTO THE FUTURE 1988」
放送日時:10月1日(日)22時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/special/1988/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。