体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新日本プロレス・真壁刀義インタビュー(上) 「ドラマや映画に出るのもリングと同じ覚悟だ」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「暴走キングコング」の異名を持ち、IWGPヘビー級ベルト戴冠や『G1 CLIMAX』優勝などを果たし、デビュー20周年を迎えた現在でも新日本プロレスの第一線で活躍している真壁刀義選手。同時に日本テレビ『スッキリ!!』では“スイーツ真壁”としてお菓子の食レポでお茶の間のお馴染みとなり、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『キングコング: 髑髏島の巨神』では日本語版吹き替えで声優を務めるなど、幅広い活躍を見せていましたが、2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で龍雲党の一味のひとり・力也役として出演して大きな話題となりました。

プロレス界に留まらない活躍を見せていて、超多忙な中な真壁選手。ガジェット通信では、そんな真壁選手のインタビューに成功。大河ドラマに出演にあたっての裏話からタレント活動とレスラーを両立させる秘訣までお聞きすることができました。

「俺の仲間だったらどうなるのかなと考えて力也役をやった」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ーーNHK大河ドラマの『おんな城主 直虎』に力也役で出演されています。オファーを受けた時にどんな気持ちでしたか?

真壁刀義選手(以下、真壁):正直びっくりしたね。マネージャーに何回も聞き返したりして。「大体、なんで大河が俺に声かけるんだよ」って話で。「冗談言わないで本当のこと言えよ」と言ったら「本当なんです」と。もう覚悟は決まってるじゃない? やるしかないもんな。もう一生懸命やったよ。

ーーこれまでにも『マッドマックス』や『キングコング』の吹き替え役もやってらっしゃいますが、そういった演技力が生かされた?

真壁:いや。生かされたというよりも経験値だな。

ーー経験値。

真壁:おそらく、いきなり大河のドラマを「さあ、演じてみろよ」って言われても多分何もできなかったね。だけどよ、いろいろな声優の話であり、真壁刀義として出た役であったりとか、その時の度胸や経験値だと思うんだよ。それがすごく役に立ったかな。あとは撮影の前に演技レッスンを受けたりとか、本当に先生には世話になって、それら全てなんじゃないかなとは思うね。

ーープロレスラーがプロレスラー役を演じることは、真壁選手もなさってますし、ほかのレスラーでも多いと思うんです。でも、今回は力也というキャラクターの役づくりをされたと思います。

真壁:まず、俺がなぜオファーを受けたのかってことだよね。もともと力也って屈強な木こりだけど、故郷でいろいろ問題を起こしてしまっていられなくなったわけだろ。荒々しさであったりとか正義にはうるさいという力也は、自分の考えには正直で人を裏切らない。だから力也を演じるというよりも「これが俺の仲間だったらどうなるのかな」っていうことを考えながらやった。

ーー力也の性格とご自身が合致するところが多かったと。例えば真壁選手のプライベートであったり、選手としてリングに立つ事と通じる部分はありましたか?

真壁:もちろん。自分自身がリングに上がるときの感覚と同じような覚悟。ドラマや映画の吹き替えだとNGになってて撮り直すことがある。だけどよ、リングだと撮り直しなんて存在しないんだよ。そういうことを考えたら全部勝負なわけでね。その一瞬の勝負に賭ける覚悟を大河でも出させてもらった。

ーー常日頃リングでも言っていらっしゃる「ハート」というお話ですね。

真壁:そういうことだね。

ーーもちろんオファー次第だと思うんですけれども、今後も役者として活動していきたいと思いますか?

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy