体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界にひとつだけ…「黒い花」専門店が話題

世界にひとつだけ…「黒い花」専門店が話題
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「MORI BUILDING TOKYO PASSPORT」。9月20日(水)のオンエアでは、世界で唯一という、黒い花だけを扱う「黒い花屋」に注目しました。

「黒い花屋」プロジェクトマネージャーの吉田耕さんによると、花屋で売られている花はカラフルで可愛らしい一方、もっとシックな色のものも欲しいと思っていたそうです。

「黒い花も売られてはいるのですが、まとまった状態で売られていることがないので、お店を始めることにしました。生活の中で引き締まる色というのがたくさんある訳ではないので、それが植物であるというところと、生き物なのに人工的な黒っぽさがあるところに、面白みがあるのではないかと思っています」(吉田さん、以下同)

吉田さんはウェブサイトやデザイン関連の仕事をしていて、写真で見た時に「これいいな、素敵だな」と思えることが、重要なのだそう。そういったことを意識して黒い花を撮影してみたところ、やはりカッコいいと思えたことから、黒い花だけの専門店をプロジェクトとして立ち上げたのだとか。

実店舗はなく、現在はクラウドファンディングで会員を募集中です。会員だけが黒い花を購入できるのですが、“完全会員制”の理由は、黒い花が希少で、仕入れられる花の数が限られているからだとか。

「黒い花が市場に出てくる割合が、全体の3〜5%しかないんです。全部でおよそ60品種が国内にあるんですけど、その中でよく出てくる品種は20品種しかありません。それを仕入れています」

種類は、黒いコスモス、黒いラナンキュラス、黒いバラ、黒いダリア、黒いカーネーションなど。真っ黒というよりは、赤みがかった黒や、青みがかった紫のような黒です。基本的には1輪で販売しています。

販売方法はスマホのアプリかLINEでのやりとりになり、会員になると、朝「こんな花を入荷しましたよ」とメッセージが届きます。ほしいと思ったら返信。届いたらすぐに飾れるような専用のパッケージで届けられるため、プレゼントとしても最適です。時には世界の果てから非常に珍しい花が届くこともあるとか…!

「黒い花屋」では9月29日(金)までプロジェクトの支援者を募集しています。気になるという方はぜひ!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。