体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インドネシア・コーヒーの旅】現地に根付く栽培技術と日本流コーヒー文化 『トアルコ トラジャ』のコーヒー豆が集まり販売されるまで

【インドネシア・コーヒーの旅】現地に根付く栽培技術と日本流コーヒー文化 『トアルコ トラジャ』のコーヒー豆が集まり販売されるまで

キーコーヒーの看板ブランドとしておなじみの『トアルコ トラジャ』コーヒー。こちらはインドネシア・カリマンタン島の東に隣接する、アルファベットの「K」の字に見える形をした“スラウェシ島”にある“トラジャ”地方で生産されています。ガジェット通信はキーコーヒーが主催する、『トアルコ トラジャ』コーヒーの産地を見て回るプレスツアーに参加。農場に行ってコーヒー豆の収穫と生産工程を体験したり、コーヒー豆の流通や小売りの現場を見てきましたので、旅の模様を交えてレポートをお届けしていきます。

前回の記事では『トアルコ トラジャ』を生産する現地法人のトアルコ・ジャヤ社が所有するパダマラン農場で、コーヒー豆の収穫や選別など生産工程を見学、体験しました。

【インドネシア・コーヒーの旅】あの『トアルコ トラジャ』の農場でコーヒー豆の収穫と生産工程を体験してきました
http://getnews.jp/archives/1893068

keycoffee_toraja_vol2_2

530ヘクタールの土地に、約35万本のコーヒーの木が栽培されているパダマラン農場ですが、実はこの農場から生産されるコーヒーは年間500~600トンと言われる『トアルコ トラジャ』の全輸出量の約2割程度。残りの8割は、近隣の協力生産農家から豆を買い付けているのだそうです。

近隣の農家から豆が集まるペランギアン出張集買所

keycoffee_toraja_vol2_3 keycoffee_toraja_vol2_4

プレスツアーでは、トアルコ・ジャヤ社が近隣の農家から豆を買い付けるペランギアンの“出張集買所”を取材しました。ランテパオの街からジープに乗って2時間ほどの山の上にあるこの集買所。

keycoffee_toraja_vol2_5 keycoffee_toraja_vol2_6

収穫したコーヒー豆の袋を頭に載せたりバイクに載せた農家の人たちが、次々と集買所を訪れます。

keycoffee_toraja_vol2_7 keycoffee_toraja_vol2_8 keycoffee_toraja_vol2_9

持ち込まれたコーヒー豆はその場で品質がチェックされ、トアルコ・ジャヤ社が現金で買い付けるシステム。トアルコ・ジャヤ社がおよそ40年前にトラジャの地にコーヒー農場を開いて以来、このように現地農家との共生を重視してきたそうです。

keycoffee_toraja_vol2_10r

“共生”が印象付けられる事実として、パダマラン農場を含むトラジャ地方にあるトアルコ・ジャヤ社の事業所で、日本人は生産担当取締役の吉原聡さんのみ。トラジャの中でもただ1人の日本人なのだとか。ほかの従業員はすべて現地採用のインドネシア人で、インドネシア語を共通語として一緒に仕事をしています。

栽培指導で協力生産農家に根付くコーヒー栽培

トアルコ・ジャヤ社は、現地の協力生産農家から品質のよい豆を永続的に調達するために、コーヒーの栽培指導にも取り組んでいます。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。