体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Word】文章「縦書き」で数字「横書き」になる“怪現象”を回避するには?――Word活用法『縦書き設定方法』

お客様に送付する案内状や原稿などをWord(以下、ワード)で作成するときに、横書きではなく、「縦書き」にしたい時、ありますよね?とはいえ縦書きにしたら、本来横書きの数字やアルファベットも縦になってしまい困った、という声もよく耳にします。ワードの縦書き機能や基本的な設定方法について解説していきます。

※本文に記載した設定方法はすべてOffice2013の操作です。

【Word活用塾】縦書きってどうやるの?ワードの縦書き機能をマスターしよう_イメージ 【目次】

■縦書き設定の基本

■縦書きの文書で文字のフォントやサイズを変更するには

■「縦中横(たてちゅうよこ)」機能で縦書きの中に横書きを入れる

■縦書き設定で差をつけるには

縦書き設定の基本

ワードはデフォルトの設定だと横書きの状態ですが、設定を変更すれば縦書きの文書も作成できます。

横書きから縦書きに変更する方法は3種類あります。それぞれの特徴を活かした方法で試してみてください。

1.「ページ設定」から縦書きに変更する

ファイル全体を縦書き、または横書きに変更します。
「ページレイアウト」タブの「ページ設定」グループの右にある「ページ設定」ダイアログを表示させるボタンをクリックします。

縦書き設定-「ページレイアウト」タブの「ページ設定」グループの右にある「ページ設定」ダイアログを表示させるボタンをクリック 「ページ設定」ダイアログが開いたら「文字数と行数」タブの「文字方向」の「縦書き」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックして閉じます。 縦書き設定-「ページ設定」ダイアログが開いたら「文字数と行数」タブの「文字方向」の「縦書き」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリック

2.「文字列の方向」から縦書きに変更する

テキストボックスや表などを縦書き、または横書きに変更できます。何も選択していないときは、ページ全体が縦書き、または横書きになります。
「ページレイアウト」タブをクリックし、「文字列の方向」ボタンをクリックします。 「縦書き」を選択すると横書きから縦書きに変更されます。

「ページレイアウト」タブをクリックし、「文字列の方向」ボタンをクリックし、「縦書き」を選択すると横書きから縦書きに変更されます。

3.右クリックのメニューから縦書きに変更する

右クリックしたテキストボックスや表などを縦書き、または横書きに変更できます。余白などで右クリックした場合は、ページ全体が縦書き、または横書きになります。設定することで、次のページから縦書き、横書きを混在させることができます。
文章の任意の場所にマウスポインターを持ってきた状態で右クリックして「縦書きと横書き」を選択します。

右クリックして「縦書きと横書き」を選択 「縦書きと横書き」ダイアログが開いたら「文字の向き」を縦書きになったものを選び、「設定対象」を「文書全体」にして「OK」ボタンをクリックします。 「文字の向き」を縦書きになったものを選び、「設定対象」を「文書全体」にして「OK」

縦書きの文書で文字のフォントやサイズを変更するには

横書きのときと同様に縦書きで文字のフォントやサイズを変更する場合は、次のように操作します。
変更したい文字列を選択します。すべて変更する場合はCtrl + Aキーを押します。 「ホーム」タブの「フォント」グループからフォントの種類やサイズを変更します。

なお、縦書きの状態でフォントサイズを変更すると行間が狭くて文字が重なってしまうこともあります。そのときは「ホーム」タブの「行間」ボタンから行間を調整してみてください。

「縦中横(たてちゅうよこ)」機能で縦書きの中に横書きを入れる

文書を縦書きにすると、縦書きにはなったものの半角の英数字が回転してしまい読みづらくなってしまい、困った経験はないでしょうか。日付や金額などの数字、英単語、アルファベットと数字が混在した記号など、2文字以上の半角英数字は、縦書きに設定すると90度回転した状態になり、本来横書きの半角英数字は、読みづらくなってしまうことがあります。

縦中横のBefore・After
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。