体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アーティスト・亀本寛貴(GLIM SPANKY)インタビュー 『仕事になったとしても音楽に対する“好き”は変わらなかった』

アーティスト・亀本寛貴(GLIM SPANKY)インタビュー 『仕事になったとしても音楽に対する“好き”は変わらなかった』 亀本寛貴(GLIM SPANKY)インタビュー_01 亀本寛貴(GLIM SPANKY)インタビュー_01

昨年は、新人では異例の大抜擢となる映画『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌を担当し、今年は初の海外ライヴでも入場規制がかかるなど、活躍の幅を大きく広げている GLIM SPANKY!! 9月13日に発売される最新アルバムについて聞いたほか、亀本さんがギターを始めるキッカケともなった意外なエピソードや、これまでのバイト経験についてお話しを伺いました。

 

サイケなものを中心に、より音楽的な広がりを見せた新作アルバム!

 

――3rdフルアルバム『BIZARRE CARNIVAL』。どんな思いから作られた1枚ですか?

ボーカルの(松尾)レミさんがCMでジャニス・ジョプリンのカバーを歌ったり、去年のアルバムのタイミングで『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌をやらせていただいたり、少しずつ認知してもらえるようになって、ある程度僕たちの形ができてきたところで、“これからどういうふうにやっていこうか”という話は去年ぐらいからしていたんです。

そんな時に、レミさんの中で、よりサイケなものが作りたいという思いがあったので、次のアルバムではサイケなものを中心に、さらにバリエーションを広げた1枚にしたかったし、それはいい形でまとまったんじゃないかと思います。

――今年春のミニアルバム『I STAND ALONE』の頃から、この方向性はあったということですが。

そうですね。僕たちの中に“海外に出てやってみたい”という思いが元々あって。これはよくレミさんとも話していたんですけど、この“サイケデリック・ロック”をアジア人である僕たちがやることで、ロックの本場、ヨーロッパやアメリカの人たちにも届くんじゃないかと思ったんです。そこを普遍的な要素として持ちつつ、アートワークだったり、見た目の要素もブラッシュアップしていけば、可能性が広がるかもしれないという話で盛り上がって、その延長でミニアルバムから音楽的な挑戦を始めました。それがこの3rdアルバムにつながったという感じがします。

 

「THE WALL」は、アルバムの1曲目にしたくて作った曲

亀本寛貴(GLIM SPANKY)インタビュー_02

――今回のアルバムで制作が大変だったなど印象的な楽曲は?

楽しいと思う曲しかやっていないので、大変なことはないんですけど、印象的という意味では「THE WALL」ですね。アルバムの1曲目にしたいなという思いがあって、そこを意識して作りました。例えばフェスでやると考えてみた時に、わりとテンポを上げ目で盛り上げるっていうのは定番だと思うんですけど、GLIM SPANKYはそういう見せ方よりも、よりどっしりしたビートで、ある種のスタジアムロック感も出しつつ壮大なものを見せていたほうが、伝わるんじゃないかと。

――確かに、壮大さも感じます。

そこは意識しました。ただ、今回のアルバムの中心となる曲たちと整合性を取るには、少しサイケデリックな世界も取り入れたかったので、イントロのフレーズを12弦ギターで始まる形にしました。そこから導入して親和性を持たせていこうという思いがあって。そういう全体の感じがうまくハマったし、アルバムの中での役割を全うしている大事な曲になったのかなと思います。

 

ギターに夢中になったキッカケは、たまたまバイト代があったから!?

亀本寛貴(GLIM SPANKY)インタビュー_03

――さて、ここからはアルバイト経験についてうかがいたいと思います。

はい。アルバイトは、高1から高3までやっていました。大学に入ってからもしましたし、デビューしてからも最初の半年ぐらいはやっていました。

――ギターを好きになったのは高校に入ってからということなので、ギターのためにバイトを始めたということですか?

いえ、それが逆で、バイト代があったので何かを始めようと思ってたまたま選んだのがギターでした(笑)。ずっとサッカー部だったので平日はサッカーの練習をして、土日の夕方にファーストフード店でバイトをしていました。ただ、土曜日は練習試合があったので、その後行っていましたね。

――サッカーもしつつ週2でバイト。

はい、休まずに行っていました。最初の頃のバイト代は、スパイクに費やしていましたね。“今度はクリスティアーノ・ロナウドモデル買おう”とか。スパイクは10足ぐらい買ったと思います(笑)。でも、サッカー以外の趣味を持ちたいなと思った時に、何気なく選んだのがギターだったんです。高1の終わりの春休みにバイト代で買いました。でも、普通に買うと高いのでネットオークションでギター7000円、アンプも3000円。1万円で揃えてとりあえずのスタートだったんですけど、すごく楽しくて。そこからはもうバイト代は全部機材につぎ込むようになりました(笑)。

――その後、ファーストフード店以外でもバイトは?

レミさんにバンドをやるために東京に行こうと言われて、上京してきて最初はホームセンターで半年ぐらいバイトをしていました。あとは、ライヴ会場の設営もやりました。幕張メッセでK-POPグループのライブでしたね。

――その時、将来“こういうステージで俺もやれるかな”という思いは?

ありました。というか、“僕そのうちココでやるんだけどなー”って、設営しながら心の中では思ってました。それくらいの意気込みではいましたね(笑)。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。