ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【レビュー】『映像版 デジ造 匠 PCA-DAVP』(ニコ生テスト有)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

デジ造 箱


個人のPCで映像を扱うという機会が急激に増えてきた昨今です。それだけ、PC性能やユーザーリテラシーが上がってきたのだなあ、と感じざるを得ません。
さて今回は、プリンストンテクノロジーから発売中の『映像版 デジ造 匠/PCA-DAVP』(以下、デジ造 匠)を、レビューしてみました。
これを使うと何が出来るのか?というと、「映像の取り込みが簡単にできるよ!」ということに他なりません。
※すべての写真付きの記事はこちら

内容物すべて

『デジ造 匠』には、主に次のような特徴があります。
・USB2.0インターフェースなので、ノートでもデスクトップでも使用可能
・簡単な操作でビデオ画像をDVDやiPod動画に変換できる
・画像加工ソフト2枚標準添付

本体


ちなみに、映像入力はコンポジットビデオもしくはS-ビデオとなります。
添付ソフトの「ShowBizDVD2」を用いてキャプチャを行います。その際、キャプチャーされるフォーマットとしては、MPEG1、MPEG2を選択することができます。
エンコードには、添付ソフトの「MovieGate3Lite」を用いて、WMV、MPEG-4/MPEG4-AVCを選択することが可能です。

手のひら本体


実際に使用してみた感想としては、とにかくコンパクトだなあ、ということでした。
添付ソフトのCDは2枚あるので若干戸惑ったものの、説明書を順番に読んでいくことで理解できました。
試しにMPEG1にて取り込みを行ってみましたが、「え!こんなに簡単なんだ?」という位、あっけなく出来てしまいました。

デジ造でのニコ生キャプ


目的のひとつでもある「ニコニコ生放送」を行うときのキャプチャユニットにならないか、というところでも試してみました。
色合いはナチュラル傾向です。あっさりと、「ニコ生」のインターフェースから認識されましたので、こちらについても特に困ることなく試験放送することが出来ました。
※S-ビデオを使う場合は、あらかじめ「ShowBizDVD2」で入力切り替えを行ってから同アプリケーションを終了させておく必要があります。

市場価格は3000~4000円程度の模様。映像関連に興味があるなら購入検討の余地あり!な一品です。

オサダコウジの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。