ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

都市部で世界初!アイスランドの首都でドローンによるフードデリバリーが開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

イスラエルのスタートアップ企業「Flytrex」は、アイスランドの大手オンラインマーケットプレイス「AHA」と提携し、2017年8月、首都レイキャビクにおいて、ドローン(無人航空機・UAV)によるフードデリバリーサービスを開始した。

・ドローンの活用により配送コストを6割削減

幅の広い河川によって隔たれているレイキャビクでの移動では、しばしば迂回する必要があり、配送の時間やコストが課題となっていた。

そこで、このサービスでは、6.5ポンド(約2.95キログラム)までの運搬物を最長6マイル(約9.65キロメートル)先まで運ぶことができる「Flytrex」の運搬用ドローン「Mule」を採用。

「Mule」を使ってレイキャビクにある「AHA」のオフィスから対岸の中継地点までの直線距離2マイル(約3.2キロメートル)をわずか4分でつなぐことにより、約6割の配送コストを削減できるという。

・アイスランド国内外でドローン配送サービスが広がる!?

ドローンを活用した輸送サービスとしては、米カリフォルニア州の「Zipline(ジップライン)」が、ルワンダやタンザニアでドローンによる輸血用血液の輸送サービスに着手しているが、都市部でのオンデマンド型のフードデリバリーサービスにこの仕組みを導入したのは、レイキャビクが世界初の事例。

「Flytrex」と「AHA」では、今後、アイスランド国内のみならず、グローバル規模で、ドローンによるデリバリーサービスを展開していきたい考えだ。

Flytrex

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。