体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ゴッドタンSP』に登場したベッキー「わたし今好感度高くないよ」「あの頃とはポジションが違う」歌い上げる

ゴッドタン

「キス我慢選手権」や「この芸人知ってんのか」など数々の名企画を生み出してきた、テレビ東京のバラエティ番組『ゴッドタン』が26日にまさかのゴールデンタイムスペシャルを放送。「マジ歌選手権」コーナーでベッキーさんがおぎやはぎ・小木博明さんとパフォーマンスを披露しネットで話題を呼んでいる。

ベッキーさんが登場したのは、「好感度を上げたい」というテーマで小木さんが披露した楽曲。「ワイドショーやラジオで言ったことをネットで叩かれる」と悩む小木さんが「どうしたら好感度が上がるか?」という相談を持ちかけた相手がベッキーさんだったというストーリーだ。

電話で話している“てい”で登場したベッキーさんにスタジオからも驚きの声が上がり、歌唱は一時ストップ。「え、(小木さん)の相手ってベッキーなの?!」と相方の矢作さんやゲストの東京03飯塚さんらが衝撃を受けていた。

その後、無事に曲が再開すると、「ねえベッキーどうした好感度上がるんだろう?」という小木さんの問いかけに対し、ベッキーさんが「小木さん、わたし今、そんなに(好感度)高くないよ」と衝撃の自虐発言。その後も「あの頃とはポジションが違うの」「打たれ強くもない」等と、ベッキーさんの本音ともとれるリリックを続け、「それでも生きて行く」と力強いメッセージを残した。

この『ゴッドタンSP』の裏番組が『24時間テレビ』であることにちなんで、矢作さんが「(ベッキーさんは)あっち側の人ですもんね?」と尋ねると「ほぼ毎年出てました」とにっこり笑顔のベッキーさん。彼女の衣装がイエローをベースとしたワンピースだったことにちなみ「その衣装はせめてもの抵抗?」とツッコまれる一幕も。

『ゴッドタン』のプロデューサーである、佐久間宣行さんは自身のTwitterにて「この後、小木&ベッキーのマジ歌、色んなものを吹っ飛ばすぐらいの名曲だと思うんですよね。 ぜひご覧ください。」と投稿。



佐久間宣行 (@nobrock) この後、小木&ベッキーのマジ歌、色んなものを吹っ飛ばすぐらいの名曲だと思うんですよね。 ぜひご覧ください。
https://twitter.com/nobrock/status/901389020445278208 [リンク]

それに対し、

・面白くて笑いすぎたww
・新たな名曲誕生
・ベッキー「私そんなに好感度高くないよ」テロップ「しまった!!」www
・ベッキーなんだかんだいって可愛いし面白く良かった

など、賞賛のコメントが寄せられていた。ベッキーさん渾身の歌唱となった『ゴッドタンSP』内の「マジ歌選手権」。ベッキーさんに今後もバリバリバラエティ番組で活躍してほしいと願ったのは筆者だけではないだろう。

ちなみに、佐久間プロデューサーのインタビューが「Buzz Feed Japan」にて公開されているのだが、これが最高の内容なのでぜひご一読いただきたい。

テレ東「ゴッドタン」Pが続けていること
https://www.buzzfeed.com/jp/hikaruyoza/the-god-tongue [リンク]

※画像はTwitterより引用。

プラムの記事一覧をみる
プラム

記者:

アイドルとおもしろ動物好きのアラサー記者。ライブ参戦は時々、ネットウォッチは毎日。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy