体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新藤晴一さん待望の二作目は、バンド小説の金字塔!~マガジンハウス担当者の今推し本『ルールズ』

9784838729258

こんにちは、マガジンハウスです。今日は、あのポルノグラフィティのギタリスト、新藤晴一さんにお越しいただきました! 数々のヒット曲の作詞も手掛け、2001年には小説家としてもデビューした新藤さんが、二作目の題材に選んだのは、メジャーデビューを目指すロックバンドの若者たち。ベーシストの健太の目を通して描かれる、バンド内外の人間関係や音楽業界の‟裏”、アメイジングな中国の秘境(!)などなど、新藤さんがまさかこんなことを書かれるなんて!? 新藤さんじゃないと書けないよこんなこと!! と感想を言うのももどかしい一冊が、このたび発売になりました。音楽経験がなくても、熱くなれること必至ですよ!

『ルールズ』、仕事後回しにして一気読みしちゃいました! これからもたくさん質問されると思うのですが、モデルのいる登場人物はいますか?

新藤:書いている最中に具体的なモデルを思い浮かべたことはないです。強いて言えば、主人公・健太が思い悩むところなんか、自分で読んで「わかるわかる」となりますけど、僕がモデルというわけではないんです。ただ、彼とは分かり合えるところがあると思いますね。

一人称にした理由はあるんですか? バンド小説だから、いま仰ったように健太なら自身を投影しやすいだろうとか?

新藤:いや、そこまでは考えなくて、前作(『時の尾』)が三人称だったから、一人称でも書いてみたかった。そういう単純な理由です。

違いはありましたか?

新藤:う~ん……三人称ってつまり神様目線ですよね。なので、「こっちの思ってることはわかる」、「そっちの思ってることもわかる」という状態になって……。

厄介ですね。

新藤:そう、前作ではその割合が難しかったことを、すごく覚えてるんです。どこまで読者に伝えて、どこまで伝えないかというバランスには気を配りました。

今作では?

新藤:一人称の場合は、ストーリーを進めていくなかで、主人公の彼が語ることは全部彼のアイデンティティに関わるので、情景描写するにしても、彼が言いそうな言葉の範疇を超えないようにしないといけなかった。あんまり思慮深すぎても、バンドマンっぽくないですしね。

健太なり、主要人物なりを描くときに、プロファイリング的なことはされたのでしょうか。

新藤:しました…。ですが、やっぱり実際書いていくと、5個10個書き出した人間性だけじゃ収まらないですよね。人物ってもっともっと多面的だから、そのほかの面は書きながら補っていったところがあります。

キャラが勝手に動いていく、どんどん生きていくという感じ?

新藤:そう表現ができればいいんですけど(笑)。でも、キャラクターが整合性を保つには、最初の章でキャラを動かしたら、次の章はもう僕が思うようには動かなくなる。その意味では、言うことは聞かなくなりますよね。

そういうもんなんですね。

新藤:思うようにはいかないです。

では、ネタバレになっちゃうかもしれないですけど、最初に思ってた感じと、最終的に一番離れていたキャラクターは誰ですか?

新藤:…笹井さん。

やっぱり (笑)。そんな気がしました。大手レコード会社社員で、健太たちにも容赦なくあたるリアリスト。そんな笹井さんのキャラクターって、音楽にまるで関係ない人が書くのはアリだと思うんですけど、現役でしかも第一線で活躍している新藤さんが書いていいんだろうか?と勝手ながら心配しちゃいました。

新藤:さすがに、彼のような人は実際にはいない(笑)。

でも、「あの人じゃないか?」と言われたりしないかと、若干危惧しませんでしたか?

新藤:僕はしてなかったんですけど、勝手にスタッフが、これ、あの人じゃない? 大丈夫? なんて心配してくれたりして。「違う違う!」って(笑)。…音楽の現場って、レコード会社、ミュージシャン、事務所とあって、みんなで作っていくものなんです。もちろん音楽が中心ではあるものの、それぞれの立ち位置で関わっていくんですよね。ミュージシャンはやっぱり――踏まえなさすぎるのも良くないかもしれないけど、ビジネスの世界に近寄りすぎるべきじゃないし、逆にレコード会社の人は、創作そのものを崇高に思いすぎるべきではない。そういう意味では、笹井さんは笹井さんの立場で、ちゃんと音楽に関わってるんですよね。

それは新藤さんの今の立場があるから、彼に対しても理解があるのでは? もし、デビューが決まるか決まらないかぐらいのときだったら、どうでしょうか。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。