体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中2病は愛でるもの(犬山紙子のイラストエッセイ)

中2病……いまやリアルで使ってのいいくらいにまで認知度が高くなったこの言葉。みな、何かしら思い当たるところはあると思う。私だってもちろんいっぱいある。そして、中2病はネタにする、というのが主流の扱い方だろう。私も自分の中2な部分は自虐ネタとして活用している。

しかし、他人の中2はどう対応するのか。私は一つルールを最近作ったのだ。それは……愛でるのである。先日も愛でさせていただく状況があったので、ちょっとここで紹介しようと思う。


とある飲み会に参加したときの事である。規模は30人ほど、とかなり大規模。イベントの趣旨は“モンスター好き”が集まるものである。もともと集まっている人たちは、モンスターのイベント? なんかの顔見知り同士らしい。私は主催者のI君と友達で、I君が東京から離れるかもしれない、という話を聞いてたのもあり、アウェーな中の参加であった。まあ、好奇心半分というのも否めないが。

渋谷のラブホテルのまん前のお店が会場だった。お店に入るとすでにほとんどの人がそろっていたのに感心した。私は時間ぴったりについたんだけど、こういう飲み会で時間ぴったりにほとんど全員が集まっているなんてすごい。モンスター好きはみんな時間にきちっとしているのか。そう思いながら、席に座り、みんなで乾杯。男性と女性がちょうど半々くらい。私は、もうこの時点で1人ターゲットを見つけていた。

サティ君である。アシンメトリーな髪型に、何かわからないがこだわりのありそうなピアスにめがね。ずっと斜め上を見ては一言もしゃべらない。みんなが自己紹介を一言ずつしたときに、彼は
「サティです」
とボソッといってすぐ座ったので私は名前を知っているのである。多分、サティは、ジムノペディとかで有名なエリックサティからとったのだろう。
「これは……私の好きな……中2の匂いが……!」
そう思った私は、隣に座っていた女装子と適当に話していたのだが、目でチラチラとサティを追っている自分がいた。とにかくサティのしているピアスが何か知りたい。何か、紙? のような、何か書いてあるような見た事もないピアスをしているのだ。

女装子が
「私が女装をし始めたのは人と同じが嫌だったから」
と結構大切なことを話し始めたが、私はもうサティに夢中。

とうとう女装子との話を一旦中断して、セルフサービスの飲み物を取りにいくついでに、飲み物付近で1人誰とも話さずアンニュイな表情をしているサティに話しかけた。

「あの、そこのオレンジジュースを取りたいので、ちょっとごめんなさい……」

話しかけたというか、クレームか。オレンジジュースの目の前にサティが立っていたため、取れなかったのだ。するとサティは何も言わず、オレンジジュースを入れてくれたのだ! ちょ! サティ優しいでやんの! から、
「ありがとうございます」
と言いつつ、ちょうど良かったのでそのまま話をふってみた。
「お酒は飲まないんですか?」
サティは私と同じく、オレンジジュースを飲んでいたのだ。すると

「……酒絶っているんだ……」
とつぶやく。ここで、何で? と聞きかえすのは良くない。愛でるということは、彼の世界観を楽しまなきゃいけないのだ。だから

1 2 3次のページ
犬山紙子の記事一覧をみる

記者:

「犬山紙子のイラストエッセイ 負け美女」というブログをやっています。イラストエッセイ・写真ネタ・漫画のブログです。 人の恋愛を根掘り葉掘り聞いてゲスくご紹介。 そのほか、過去にあった変な話や人 最近のおもしろかったこと なんかを描いております。 友達の美女達のエッセイをまとめたブログエッセイ本「負け美女」、好評発売中! http://p.tl/xeOL 買ってくれた人は神! ツイッターはコチラ inuningen http://twitter.com/inuningen

ウェブサイト: http://corokkecorokke.at.webry.info/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。