体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お天気が悪ければ街バルに行けばいいじゃない! 東京・大手町で叶姉妹が絶賛する「世界一美味しいファビュラスな鶏肉」も食べられるグルメイベント

もうすぐ8月も終わりますが、東京では40年ぶり20日連続の雨というとんでもないお天気でした。パッとしない天気のせいで、楽しい過ごし方が何一つできなかったな……という方も、まだあきらめてはいけません!8月の締めくくりに、元気の出るグルメイベント『Cheers! OTEMACHI 2017 夏バル×鳥取県~鶏のグルメ市~』の取材に行ってきました。

叶姉妹が絶賛する鶏肉『ピヨ』とは?

『Cheers! OTEMACHI 夏バル』は大手町駅周辺の飲食店が参加するグルメイベント。今年は酉年ということで、唯一”鳥”の字がつく鳥取県にちなみ、鳥取県のブランド鶏を使ったメニューが約100種類以上も登場。ゆるキャラのトリピーもニワトリの格好で登場です。

平井知事いわく、鳥取の由来も鳥を取る人という意味の『鳥取部(ととりべ)』という言葉から来ているんだとか。現在でも全国的に有名な『大山どり』はじめ、品質の良いブランド鶏を生産しています。

中でも最近人気急上昇で、鳥取県イチオシの地鶏が『鳥取地どりピヨ(以下、ピヨ)』。今日はピヨの大ファンで「いろいろな高級食材を食しているが、鶏肉はピヨが一番」という叶姉妹がその魅力について熱く語って下さいました。

「姉が作った”シャトーブリアンとピヨのすき焼き風”という料理をブログにアップしたところ、平井知事から連絡を頂いて、そこから細かく色々なお話をするようになり、今回の出演につながりました」と美香さん。ピヨの魅力は”胸肉でも柔らかくジューシーで、上品で深い味わいがあること”で「自分たちにとってはピヨが世界で一番美味しい鶏」だそう。

また、その栄養効果については「私たちの体をもって実感している」と力強くコメント。叶姉妹が毎日お肉食べていることは有名ですが、恭子さんは「他の鶏に比べてタンパク質の吸収が良いように感じる」と感想を述べられていました。

筆者も、叶姉妹のナイスバディを目の前にシャッターを切りながら、お肌も髪の毛も爪も、体のありとあらゆるところを構成しているのはタンパク質(アミノ酸)なんだよな……と思わずにはいられませんでした。すごい説得力です。

さらに恭子さんは「シャモを交配させて生まれた品種と聞いているが、シャモ特有の硬さを除き、ジューシーさなどを出すよう、より改良されたのかな」とも。実際に、ピヨはシャモにロードアイランドレッドをかけ合わせ、そこにさらに白色プリマスロックをかけ合わせて誕生した、いわゆる三元交配の地鶏。

おかげでコクと旨味を引き出し、健康成分としても知られる『アラキドン酸』や、美肌に効果が期待できるコラーゲンも豊富です。しかし、1992年に誕生し、今年で25年を迎える割にはあまり知られていませんよね。

恭子さんは「私たちは以前からピヨを知っていて自然と食べていたが、やはりまだ知名度が低いのかな、と。ピヨの良さは食べるとわかります。”美しさは日々口にするものから”と、私たちのブログにも書いております」とのことでした。

最後に平井知事は得意のオヤジギャグで「やっぱりニワトリは鳥取かのう(叶)」。恭子さんは司会者から「ピヨはどのような鶏肉ですか?」と振られ、「どのようなって…?」と恭子節を披露する一幕も。最後は最上級のあの言葉「ファビュラスな鶏」で締めくくって下さいました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。