体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クッキングペーパー1枚だけ! ズボラ男子のためのかんたんすぎる晩酌レシピ【料理ハック】

クッキングペーパー1枚だけ! ズボラ男子のためのかんたんすぎる晩酌レシピ【料理ハック】 f:id:Meshi2_IB:20170822101956j:plain

仕事で疲れて帰ったら、ごはんをつくる気力はない。

でも、おなかは空いている。缶ビールをプシュッとしたときだって、ちょっとしたつまみが欲しくなる……。

毎日、そんな感じじゃありませんか?

そんなとき、クッキングペーパーさえあれば、ちょっとの手間で立派なごはんやつまみがつくれちゃうんです! ポイントはたったひとつ。

「フェルトタイプのクッキングペーパー」を使うこと。

つまり、紙ではなく不織布の素材で出来ているペーパーということです。

あとは材料と電子レンジ、冷蔵庫があればOK。

それでは実際につくってみようと思います!

しみウマPart1「チャーシュー」

まずは、ビールのつまみにたまらないチャーシューから。

材料

かたまりの豚ロース肉 約400グラム 塩水(塩:小さじ1/2、水:大さじ1) タレ(醤油:大さじ4、みりん・砂糖:各大さじ2、しょうが:適量)

f:id:Meshi2_IB:20170822102001j:plain

①豚ロース肉にフォークを刺して、しみウマになるための穴をあけます。表裏でだいたい20カ所くらい。

イヤミを言ってきた上司の顔を思い浮かべながら……だと、刺さりすぎるので気をつけて。

f:id:Meshi2_IB:20170822102007j:plain

②ビニール袋に入れて塩水をまぶし、よくもみ込みます。

f:id:Meshi2_IB:20170822102012j:plain

③水でぬらし軽く絞ったクッキングペーパーで豚ロース肉を包みます。

包み終わりを下にして皿に乗せ、ふんわりとラップをかけたら、600ワットの電子レンジで8~9分ほどチンっ!

できたら包んだままの豚ロース肉の上下を返し、ラップをかけなおして30分ほど放置。

f:id:Meshi2_IB:20170822113352j:plain

④粗熱が取れたら新しいクッキングペーパーで包み直し、タレと一緒にジッパー付きの保存袋に入れます。

あとはタレがなじむまで冷蔵庫へ。一晩以上おくとかなりしみウマになりますが、半日くらいでも大丈夫です。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。