ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

500本以上のイベント列車!? 世界も注目する長野県

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

500本以上のイベント列車!? 世界も注目する長野県
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。8月17日(木)のオンエアでは、長野県観光部、部長の熊谷晃さんに「長野県の魅力」をテーマにお話を伺いました。

熊谷さんは「信州ブランド戦略」、「しあわせ信州」の立ち上げに携わっているほか、アンテナショップ「銀座NAGANO」の所長も務めています。

「銀座NAGANO」の1階は囲炉裏をイメージしたバルカウンターになっており、信州ワインや日本酒をグラスでいただくことが、そして2階は、オープンキッチンやレクチャースペースを備えたイベントスペースとなっており、郷土料理にまつわるイベントなどを毎日行なっているのだとか。

「田舎にいますと、自分の思いを伝えたいあまり、作り手目線で伝えがち。そうなると全国1800市町村が同じ事をやっているので、訴えたいことが埋もれてしまうんです。そこで一方的に伝えるのではなく、東京にいる長野県のファンとシェアしようと。都会の課題に信州が、信州の課題に都会の皆さんが、寄り添ってもらえるようなことをしていきたい」(熊谷さん)

現在信州では、JR6社と連携し「信州デスティネーションキャンペーン」と題して、信州の魅力を伝えるキャンペーンを行っています。JR各社の企画列車を運行するほか、民営鉄道でもワイン列車を運行するなど、500本を超えるイベント列車を走らせ、さらに到着した駅からはバスツアーを用意してワイナリーツアーを行う…など、鉄道ファンから夫婦までさまざまな層が信州を楽しめる、魅力的な企画を実施しています。

長野県はインバウンド消費も昨年比で20%増と伸びています。冬はオーストラリアやニュージーランドのスキー需要、夏は中国、台湾などの人たちが観光で訪れているそうです。地域の魅力を伝えるために、千曲川沿いのワインバレーや、白馬の共通リフト券の販売など、各自治体が協力する例も増えているそう。信州の魅力を世界に発信する試みは、今後もさらに加速しそうです。

さて、8月21日(月)〜24日(木)の「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」は、J-WAVEの8月キャンペーン「クラフトマンシップ」と連動。「伝統と革新」「継承と進化」、次世代へ繋ぐ伝統へのチャレンジに注目します。ぜひお聴き逃し無く!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。