体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『アメブロ』のアクセス数がジャブジャブに水増しされている理由を勝手に推測する

永江一石のITマーケティング日記

今回は永江一石さんのブログ『More Access,More Fun! 永江一石のITマーケティング日記』からご寄稿いただきました。

※記事のすべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/187107をごらんください。

アメブロのアクセス数がジャブジャブに水増しされている理由を勝手に推測する

ブログのエントリーにも、瞬発型とロングテール型がある。ずっと前に書いたのだが、いまだに毎日600人に読まれ続けている、「店舗や会社のブログをアメブロやFC2でやってはいけない3つの理由」*1というエントリーが後者の典型だ。さぞかし『アメブロ』も『FC2』も苦々しいだろうが、本当のこと言ってるだけだし知り合いもいないからノープロブレム。

*1:「店舗や会社のブログをアメブロやFC2でやってはいけない3つの理由」2011年11月01日『More Access,More Fun!』
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=1415

で、このエントリーのなかで、仕事で使うならこういう無料ブログで書かないで、自分で格安サーバ借りて自分のドメインで書くほうがずっとメリットがあるよと、わたくし言っております。しかし実際にサーバを借りて移転して、『アメブロ』には「移転しました」っていう告知を書いてという手順を取ると……アクセスがめちゃくちゃ落ちた……という声がけっこう上がります。はっきり言います。落ちたんじゃありません。もともとアクセスなかったのです。『アメブロ』のアクセス解析はジャブジャブに水増しされていたのです。

この話は業界ではたいていの人が知ってるわけですが、どうやってしているのか、なんでこんなことをしているのか、本日はさくっと推測してみたいと思います。まず、実際のアクセスと『アメブロ』のアクセス解析の差分を知りたければ、『アメブロ』にGoogleの『アナリティクス』のタグを忍ばせます。こちらの解説までしているといくら書いてもスペースがないので自分で調べてやってください。きちんとセットして翌日、目の玉が飛び出るほど実際のアクセス数との違いに驚かれるはずです。

では、実際、どのくらい水増しされているのか。分かりやすく説明するために、以前わたしがセットして1年半前に休止している、ある『アメブロ』のブログを使って説明します。このブログは読者数が約100あり、停止前は1日500~900人と『アメブロ』のアクセス解析では出ていました。ではまず、1年半全く更新していないブログにどれくらいアクセスがあるのか見てみます。

アメブロのアクセス解析(アクセス数)

アメブロのアクセス解析(アクセス数)
(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/a3.jpg

おや、1年半も全く更新していないのにもかかわらず、1日250~350人くらいもアクセスがあるのか……? では、忍ばせてある『Googleアナリティクス』で、3/15のアクセス数を見てみます。アメブロの解析では256人が来ていたはずです。

Googleアナリティクスのアクセス解析(アクセス数)

Googleアナリティクスのアクセス解析(アクセス数)
(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/a11.jpg

んが??!!(○_○) きゅ、きゅうにーん?? そのうち1人は「まだブログあるかな」と思って確認した自分です……。28倍に水増し?? 濃度で言ったら3.5%。ほろ酔い気分のチューハイくらいに薄まってます。ではどうやってこんなに薄まっているのか……『アメブロ』の解析によると

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。