ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【保存版】世界最凶! 愛される伝説のクソゲーランキングワースト10を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
01

ゲームソフトの価格は1本5000円~1万円と高額だ。それだけに購入したゲームがひどいクオリティだったときには他の何にも代えがたい絶望感に襲われることとなる。このようなゲームは人々からクソゲーと分類されてきた。

・愛されるクソゲーも存在する
しかしすべてのクソゲーがつまらないかと言えば、まったくそんなことはない。クソゲーには愛されるクソゲーと愛されないクソゲーの2種類があり、前者はツッコミを入れながら楽しむことができるゲームである。後者はただただ不愉快な気分にさせられる最低なゲームだ。

そこで今回は編集部の独断と偏見で選定した「愛される伝説のクソゲーランキング ワースト10」を発表する。対象となるゲームは日本で発売されたゲーム機のソフトで、PCゲームや海外ゲームは含まないこととする。

・愛される伝説のクソゲーランキングワースト10
1位 たけしの挑戦状
まさに伝説のキングオブクソゲー。まともにプレイしてもクリアできないため不快感を覚えてしまった人も多いかもしれないが、ツッコミ要素があまりにも多すぎる。ゲーム中に1時間待たせる、コンティニュー画面でゲームオーバーになれるなどの要素は未だにたけしの挑戦状が唯一無二である。

2位 燃えろ!! プロ野球
燃えプロの相性で親しまれている伝説のクソゲー。バントでホームランはあまりにも有名。球団に無許可で選手名を使用し、バーチャルコンソールなどのリメイク版では全選手の名前が差し替えられている点も伝説だ。

3位 スペランカー
日本のゲーム史上最弱の主人公キャラ。自分の身長よりも低い高さから落下するだけで即死してしまう。主にスポーツ界では怪我をすることをスペる、怪我しやすい人をスペ体質と称するようにもなった。

4位 メジャーWii パーフェクトクローザー
野球ゲームとしてまったく成立していないが、シュールすぎるバグ要素に突っ込まずにはいられない。ピッチャーの首が180度回転し、バッターがキャッチャーを向いて構える。操作にどんなに不快感を抱いても、グラフィックのシュールさに爆笑せざるをえないのだ。

01

5位 いっき
2人同時プレイができるアクションゲームだが、そもそも百姓一揆を最大2人で行うという設定がおかしい。難易度は高いが、2人同時にサクッとプレイできたため、友だちと遊ぶ際になぜかよく選ばれるクソゲーだ。

6位 魔界村
究極の難関ゲームとも評されるクソゲー。ステージ1の序盤に登場するレッドアリーマの強さに始まり、コンティニューを繰り返してやっと全クリアしたと思ったら2周目が始まるという鬼畜仕様。それなのにラスボスは攻撃連打であっさり倒せる。

7位 仮面ライダー倶楽部
SD化した仮面ライダーのアクションRPG。ゲーム性は面白いが、セーブやパスワードの機能がないのにクリアまでとてつもなく時間がかかる。敵を倒しても500円くらいしか手にはいらないのに、クリアには100万円くらい必要になってしまう。

8位 せがれいじり
故意に作られたクソゲーで、バカ・クソの要素を売りにした伝説のゲーム。ツッコミどころも下ネタも満載だが、基本的な部分はサクサクとテンポ良くプレイできるため爽快感も高い。

9位 ちびまる子ちゃん おこづかい大作戦
ちびまる子ちゃんの人気絶頂期にゲームボーイで発売されたクソゲー。所持金30円からスタートし、町の人々と賭博をしまくって所持金を増やし、1万円の買物をするのがゴール。小学3年生にそんなことをさせていいのか。

10位 バンゲリングベイ
シューティングゲームなのだが、操作は「十字キー=マシンを移動させる方向」ではない。操作性があまりにもマニアックなのである。操作を掴みきれない人は速攻での爆死を繰り返すが、操作をつかめると非常に奥が深い。世に出るのが早すぎたゲームなのかもしれない。

・愛され続けている伝説のクソゲー
今回ランクインした10本は間違いなくクソゲーであるが、ツッコミどころが多く、多くの人々を楽しませてきたクソゲーである。「これをクソゲーに入れるな!」という指摘もあるかもしれないが、これらはクソゲーでありながらもエンターテイメント性の高い、面白く愛されているゲームであるということも併記しておこう。この10本は日本ゲーム史に残る、伝説のクソゲーなのだ。

もっと詳しく読む: 【保存版】世界最凶! 愛される伝説のクソゲーランキングワースト10を発表(バズプラス Buzz Plus)

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。