体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏でもひんやり⁉さがみ湖で謎解きイベント&きもだめし

都心からも近い、神奈川県相模原市にある複合アウトドアリゾート「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」で、8月5日(土)から「夜の迷走アトラクション『ナゾトキメイロ!』」と、「本格きもだめし」が開催中だ。

「夜の迷走アトラクション『ナゾトキメイロ!』」は、全国で「リアル宝探し」を展開するタカラッシュとのコラボ企画。閉園後の“夜”の園内で行う「謎解き」と「迷路」が組み合わさった新感覚の体験型謎解きイベントだ。謎を解いた先に待つのは、体力を奪う迷いの罠。参加者たちは、謎を解いて入手した手がかりや合言葉を使って、4つの迷路に挑戦し、迷路内のどこかに隠されている宝物を、制限時間90分以内に見つけ出さなければならない。タイムリミットが迫り焦る中で、謎を解く「知力」と迷路を突破する「体力」の両方を駆使しなければクリアできないという、絶叫せずにはいられない極限状態が体験できる。

一方、「本格きもだめし」は、講談師であり人間国宝の案内人・一龍斎貞水氏による背筋の凍るような怪談話を視聴した上で、暗く静まり返った夜の森を歩く、昔ながらの“和”のホラーイベント。参加者は、得体のしれない恐怖に耐えながら森の奥にある祠からお札をとって、墓場などの不気味なスポットを抜けた先にあるお堂に納めなければならない。15分という短い時間の中で “本格的な”恐怖が体験できる絶叫必至のきもだめしだ。

どちらも、夏の夜がヒンヤリと過ごせそう?!ぜひ体験してみて!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。