体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

羽鳥慎一さん夫人が綴る、‟夫”賛歌エッセイ~マガジンハウス担当者の今推し本『あなたの夫は素晴らしい人だと叫びたくなる』

9784838729289

こんにちは、マガジンハウスです。愛を誓い合って人生を共にしているはずの相手なのに、なぜか「元気で留守がいい」とか「ATM」とか揚げ句には「タヒんでほしい」なんてネットに書き込まれがちな存在、それが〝夫″…。
今回お勧めしたい一冊は、世間でオチ的に扱われることもある夫たちへの見方が変わるようなエッセイ集です。著者は、『天体観測』や『べっぴんさん』、また現在放送中の『ウチの夫は仕事ができない』など数多くの人気ドラマを生み出した脚本家の渡辺千穂さん。超人気アナウンサーの羽鳥慎一さんを夫に持ち、1歳の可愛い女の子のママでもある渡辺さんに、ご自身の結婚生活や本書に登場した夫婦のその後についてなどなど、うかがいました。

渡辺さん、初めまして。この本、最初は渡辺さんと羽鳥さんのご夫婦関係をまとめたのかと思ったんですが、そうではなく、渡辺さんのご両親や周辺の夫婦たちのエピソードから浮かび上がる、愛しかったり憎たらしかったりする夫列伝でした。あの、「私の夫」だけで書こうとは思わなかったんですか?

渡辺:いや……私の夫だけだと、きっとこんなにネタがなかったです(笑)。

そうなんですか! 確かに、本書でちょろっと出てくるエピソードを見ると、実はあんまりご自分の夫には不満がないのかな~って。

渡辺:ないですね、全然。

それは羨ましい。

渡辺:たぶん、私があんまり不満を持たないタイプなのかもしれないです。この本を書くにあたって、夫がいるいろんな女性にお話を聞きましたが、不満についてたずねると、たいていみんな「○○してくれない」とか、「私ばっかり~~してる」とかなんですよね。私は基本、やってもらわなくていいと思ってるから。頑張って働いてきてねって感じなので(笑)。

でも、ご主人が朝の番組やってらっしゃるから、結婚した途端、かなりの朝方生活になりましたよね。それも別にいやではなく?

渡辺:ええ、流れで。だって彼がレギュラーで仕事している以上、こちらの生活には絶対合わせられないですよね(笑)。だからそういう不満は全然ないです。

では、結婚してみたら思ってた彼とちょっと違うかな? というのもないですか。

渡辺:ないですね。彼も文句をあまり言わないタイプだし、ダイエットしてるのであんまり夜も食べないから楽です(笑)。最近は健康のためにお酒もそんなに飲まず炭酸水だし。

ちなみに「夜」ってどれぐらいの時間のことを言うんですか?

渡辺:えっと、一緒に夜ごはんを食べに行くとしたら、だいたい17時スタート。

はやっ(笑)。

渡辺:16時半からやってるお店があると、「ここやってるらしいよ!」ってチェックしたり。18時はまだギリギリOKですが、19時になると「ダメだよそんな遅いスタートは」ってなりますね。もちろん、誰かと食事に行く時などは合わせますが、20時スタートだとさすがに翌日響くので金曜じゃないとダメですね。

さっきも仰ってましたが、そういう生活を、渡辺さんが嫌じゃないんですよね。そんな早い時間から外食なんてとか、もっと夜通し飲んでいたいわとか。

渡辺:そうですね、もうやりきったんで(笑)。

20代30代でそこらへんはもうやりきったと(笑)。

渡辺:はい。その頃はもう目覚まし時計をセットするのもいやだった。

どういう意味ですか?

渡辺:別に何時に起きようが、原稿さえ書けばいいやっていう生活だったんですよ…。起きてから時計見て「ああ3時か…これって夜中の? 昼の?」みたいな(笑)。

うわあ(笑)。今の朝方生活と真逆ですね。

渡辺:ほんとそんな感じだったの。

_dsc9130

独身時代から売れっ子脚本家として激務続きの生活だった渡辺さん…なのに美しさを保たれているのが素晴らしい。

本書に出てくるような、妻がちょっと不満を持っている夫婦って、主な原因はどこにあると思いますか?

渡辺:やっぱり、さっきも言いましたが、「あれをやってくれない」など、相手に期待しすぎることかな。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。