体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プラネタリウム全天映像の360°PV公開! “YOME”システムで“ぼっち”にならないMMOJRPG『アルケミアストーリー』発表会レポート

alchemiastory_01

世界に点在する“魔王”たちと魂を与えられた動物“魔物”によって作られた、“魔法”が民を脅かしている世界。“魔”を断つために若者たちが旅立つ――という魅力的なストーリーのスマホ向けMMOJRPG『アルケミアストーリー』のメディア発表会が2017年7月27日に東京・池袋の『コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City』で開催されました。ここでは発表会の模様とゲームの特徴をレポートします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「“人のやさしさ”を知るMMOJRPG」を開発テーマとしたという『アルケミアストーリー』。アソビモの橋本和明プロデューサーは、「MMOはどうしても(プレイスタイルが)重くなりがち。ストレスなくいつでも遊べることに気を使って開発しています」と話します。

alchemiastory_03

『アルケミアストーリー』では、他プレイヤーとコミュニケーションせずにバトルなどができる「ソロモード」を搭載。とりわけ、バトルではスキルを適当に選ぶだけでもOKで、オートバトルも搭載。戦闘時間の短縮にもこだわり、移動時間などでもプレイしやすいようになっているとのこと。一方でボスとのバトルは必ず共闘して戦うようになっているなど、MMOらしく他プレイヤーを仲間として遊びたくなるようにしているといいます。

また、移動の際は「ナビゲーションモード」「オートラン」を搭載することでクエストをサクサク進行でき、ログインの間が空いたとしても何をすればよいか分からない“迷子”にならないようにしてあります。

fig3b

もうひとつ、ソロプレイでも“ぼっち”にならないために“YOME(Your Own Meet Everyday)システム”を実装。プレイヤーの絶対的な味方で、一緒に移動したり戦ったりしてプレイヤーを助けるほか、随所で『アルケミアストーリー』の世界を説明してくれたり、簡単な会話もしてくれます。

alchemiastory_04

さらに、『アルケミアストーリー』の特徴として挙げられるのが、“モブがいない”ということ。登場キャラクターのほぼすべてに名前があり、実在のプレイヤーがNPCのように存在する“NPCPC”システムになっています。魔物一匹ごとにも個性があり、同じ種類でもサイズ違いや服装違いなど様々な魔物が登場。「必ずハッピーエンドになる」というストーリーにしていくとのこと。

また、テクスチャーを描き込んだ美麗なグラフィックも特徴。魔法と錬金術の世界が広く、幻想的に見えるようになっています。

alchemiastory_05
1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。