体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「星のや東京」に聞いた!現代人の感性に響くモダンな和室づくりのポイントとは

「星のや東京」に聞いた!現代人の感性に響くモダンな和室づくりのポイントとは

日本ならではの空間「和室」。純和風の家はあまり見かけなくなりましたが、和室は時代を問わず支持されています。畳や障子といった床材や建具を配した部屋はシンプルなだけに、アレンジの幅も多様。今回は、東京・大手町に昨年7月にオープンした都市型旅館「星のや東京」を訪ね、和モダンなお部屋づくりのヒントを探りました。

現代人の感性をくすぐる洗練された和室

リゾートホテル・温泉旅館を手掛ける星野リゾートが、“圧倒的非日常感”を追求した日本発のラグジュアリーホテル「星のや」。京都、竹富島、軽井沢、富士に続いて開業した「星のや東京」は、“塔の日本旅館”をコンセプトに、地上17階建てのビル1棟をまるごと旅館に仕立てています。【画像1】ビジネスの中心地である大手町のビル群に馴染なじむダークブラックの外観(画像提供/星のや東京) 【画像1】ビジネスの中心地である大手町のビル群になじむダークブラックの外観(画像提供/星のや東京)【画像2】よく見ると江戸小紋の「麻の葉」のデザインが施されている(画像提供/星のや東京) 【画像2】よく見ると江戸小紋の「麻の葉」のデザインが施されている(画像提供/星のや東京)【画像3】紙吹雪の柄をイメージした「手すき和紙」のウォールと、木材をかさねて曲線美を演出したエントランスカウンター。落ち着いた色味は「弁柄(べんがら)」と呼ばれる顔料を混ぜ、左官職人が3度塗りして仕上げた。日本の赤をイメージしているという(撮影/片山貴博)

【画像3】紙吹雪の柄をイメージした「手すき和紙」のウォールと、木材をかさねて曲線美を演出したエントランスカウンター。落ち着いた色味は「弁柄(べんがら)」と呼ばれる顔料を混ぜ、左官職人が3度塗りして仕上げた。日本の赤をイメージしているという(撮影/片山貴博)

現代の生活にあわせた快適性を兼ね備える和室を追求している「星のや東京」。「純和風の日本旅館のエッセンス、日本古来の伝統的な建築様式や工芸の味わいを守りながら、現代人の感性に響く造りを意識しています」と話すのは広報担当の岩岡大輔さん。

まず、案内していただいたのは、客室「菊」。定員3名、83m2の広々としたお部屋です。【画像4】家具も建具もすべて「星のや東京」オリジナルデザインで統一されている(撮影/片山貴博)

【画像4】家具も建具もすべて「星のや東京」オリジナルデザインで統一されている(撮影/片山貴博)

特に印象的なのは壁の色使い。和室と言えば、白い漆喰(しっくい)の壁が定番ですが、印象的なのはブルーとグリーンを2色使いしているところ。ブルーは「群青色」、グリーンは「あさぎ色」と、日本ならではの“曖昧さ”を感じさせる和カラーであり、落ち着きと和みを感じる空間になっています。

「白い壁だと単調になってしまうので、和を感じる色を配しています。塗り壁は左官職人さんによる手仕事なので、照明が当たると日本らしい柔らかいテクスチャーを楽しむことができます」(岩岡さん、以下同)

また、畳は「目積表(めせきおもて)」と呼ばれる織り方のものを使用。一般的な畳の表面が、縦糸と縦糸の間隔が約1.4cmであるのに対して、目積表は0.7cmと細かくなっています。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。