ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ジェーン・バーキン「セルジュとの共通点は…」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ジェーン・バーキン「セルジュとの共通点は…」
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。7月24日(月)のオンエアでは、歌手で女優のジェーン・バーキンさんに行った電話インタビューの模様をお届けしました。

バーキンさんは1946年、英ロンドン生まれ。初舞台は17歳の時で、それ以降、数々の映画、音楽、ファッション、恋のエピソードで世界中を魅了してきました。

2011年に東日本大震災が起こった時はいち早く来日し、チャリティコンサートを開いてくれたバーキンさん。今も支援活動を続けてくれています。

15年ほど前にバーキンさんにインタビューしたことがあるクリスは、その時の印象として「ジーンズにTシャツ、化粧っ気がなく、バーキンバッグを持って、世の中のイメージどおりでしたが、ステージに出たら、かっこいい女性の代表格である彼女の中に、もうひとつ、壊れそうな部分というか、可憐で危ういところも見え印象深かったです」と語りました。

来る8月19日(土)には、最新アルバム「シンフォニック・バーキン&ゲンズブール」を携えた来日コンサートがBunkamuraオーチャードホールで行われます。今回のコンサートは、東京フィルハーモニー交響楽団をバックに迎えた一夜限りのものです。

来日公演を控える中、フランスに住むバーキンさんに直接電話でお話を聞きました。

まずはすっかり長くなったフランスでの生活について。フランスに住むようになってもう50年。それだけ居心地がいいそうです。「いつも素晴らしいと思うし、大好きな街。イギリスに帰ることもあるけれど、我が家という感じはないかな。ロンドンにいても外国みたいな気がするの。両親はすでに他界しているし、兄弟はウェールズに住んでいるし。だから自分はフランスで地に足をつけているのがいいの」と語っていらっしゃいました。ちなみに家の中で好きな場所を聞くと、答えは「キッチン」。最近はこのようにパリの自宅にいながら、ゆったりとしたペースでコンサートツアーに出かける日々だそうです。

さて、今回バーキンさんが世界中で行っているコンサートは、長年のパートナーでもあった故セルジュ・ゲンズブールが書いた曲を、各地の交響楽団をバックに歌うというもの。ここ30年ほどは、彼が作った曲を大切にしたいと思って歌い続けているそうです。ちなみに今回の楽曲は、ジェーンさんが震災時のチャリティコンサートで出会った日本人ピアニスト、中島ノブユキさんがオーケストラアレンジを担当しているのだとか。

オーケストラをバックに歌うことは、バーキンさんにとってどういう意味をもっているのでしょうか。

「ものすごく感動的なこと。だからこそ泣かないよう気を付けないといけないの…気を付けないと声が出なくなっちゃうし、そういうことは人前でやることじゃないから。でもとても心を動かされる、そんな時間なの。いらっしゃる方は泣かないように用心してね」(バーキンさん)

最後にちらりとセルジュ・ゲンズブールとの共通点を伺うと、「ユーモアのセンス。どんな環境でも笑うことは大切よ。美しいとかそういうことよりもね」と語っていました。

年を重ねながらさらに輝き続けるジェーン・バーキン。貴重な来日コンサートを訪れてみてはいかがでしょうか。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。