体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゴキブリの侵入を防げ! 夏休みに長期間家を空けても害虫が住みつかない部屋のつくり方

ゴキブリの侵入を防げ! 夏休みに長期間家を空けても害虫が住みつかない部屋のつくり方

自分なりに万全の害虫対策をしているつもりでも、どこからともなく現れる『G』。そうです、ゴキブリです。

夏はゴキブリが最も活動する季節。今はいなくても、夏休みで家を空けている間に、アイツが部屋に住みつくという恐怖の事態が起こるかもしれません。

入ってきてしまうゴキブリから、毒餌剤と忌避剤でダブルガード!

ゴキブリの移住計画をなんとしても防ぎたい! そこで、家庭用殺虫剤でおなじみのアース製薬に行き、渡辺優一さんにお話を伺いました。

―― 『ごきぶりホイホイ』のようにその褐色の姿を見てしまうことなく、できることなら一切見ずにわが家を守りたいのですが、なにか良い案はありますか?

「ゴキブリはどんなにしっかり戸締まりをしても、ちょっとした隙間から入ってきてしまう生き物です。そこで大切なのは、定着して増殖する前に退治すること。そこで入ってきたゴキブリがまず住みつきそうな台所や水まわりに毒餌剤を置き、カウンター攻撃で撃退しましょう。併せて絶対に侵入してほしくない食器棚や収納庫には、ゴキブリが嫌うハーブの香りがする忌避剤を置いてください」【画像1】侵入してしまったゴキブリの最初の食事として毒餌を置き、ゴキブリに近寄ってほしくない場所は忌避剤でブロック(写真撮影/玉置豊)

【画像1】侵入してしまったゴキブリの最初の食事として毒餌剤を置き、ゴキブリに近寄ってほしくない場所は忌避剤でブロック(写真撮影/玉置豊)

―― なるほど、毒餌剤と忌避剤という2つの防具を上手に組み合わせたら、この夏を平穏無事に乗り切れそうですね。

「このように外部からの侵入を防ぐのも大切ですが、まだその姿を見たことが無くても、すでに侵入しているという可能性もあります。見えるゴキブリは氷山の一角です。旅行で家を空ける前に、くん煙剤やくん蒸剤で見えないゴキブリをやっつけておきましょう。一戸建てなら拡散力の強いくん煙剤(煙を出すタイプ)、お隣と接しているマンションやアパートなら煙の出ないくん蒸剤がおすすめです。使用後のバリア効果も期待できますよ!」【画像2】左が煙のくん煙剤、右が霧のくん蒸剤(画像提供/アース製薬)

【画像2】左が煙のくん煙剤、右が霧のくん蒸剤(画像提供/アース製薬)

旅先から帰ってきて玄関を開けたら、留守の間に家の主となっていたゴキブリとこんにちは。なんていう最悪の事態を避けるために、できることはしておきたいですね。ゴキブリはいないと信じてこの家に住んでいますが、時には疑うことも大切なようです。

敵はゴキブリだけじゃない! 蚊、コバエ、シバンムシも対策しよう!

―― 夏になると活発化する害虫は、ゴキブリばかりではありません。せっかくなので他の虫からも家を守る方法を教えてください!

「夏といえば蚊ですが、植木鉢の受け皿ほどのわずかな水からも発生します。庭やベランダに水がたまっている場所がないかチェックしてみてください。また蚊は人の出入りのときに一緒に入ってくることが多いので、玄関などは『アースノーマット』のような蚊取りアイテムで駆除し、侵入を防ぎましょう。ちなみにスプレータイプの蚊取りは、拡散力が強く即効性があるので、室内のような閉じた場所で特に効果的です。旅先に持っていくと重宝しますよ」【画像3】ちょっとした量の水からでも蚊は発生する(写真撮影/玉置豊)

【画像3】ちょっとした量の水からでも蚊は発生する(写真撮影/玉置豊)

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。