体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サイズとともに所有する喜びも拡大! 新型ミニクロスオーバー(試乗レポート)

▲MINI初となるプレミアム・コンパクト・SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)としてフルモデルチェンジ!

▲MINI初となるプレミアム・コンパクト・SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)としてフルモデルチェンジ!

生まれ変わった新型ミニクロスオーバー

新たなパッケージングとなった新型ミニクロスオーバーには、他のブランドにない世界観を感じる。

単に“古風で歴史的な世界観を守りながら凝縮した小型セグメント”というだけにとどまらず、現代ユーザーの世界観やニーズを、カタチや質感、ドライビングスタイルに反映させていると思うからだ。

新型は、先代に比べ明らかにボリュームアップした。大きくなった意味は、衝突安全性や操縦安定性の向上のためであったり、意図したデザインを打ち出すためであったり様々だろう。今回の試乗では、この新しいパッケージングがどのようなキャラクターを生みだしているのか、お伝えできれば幸いだ。

試乗したのは、2WD仕様の「クーパーD」と、トップグレードの「クーパーSD クロスオーバー ALL 4」の2種。まずは、「クーパーD」に試乗した。

▲ミニクロスオーバー「クーパーD」

▲ミニクロスオーバー「クーパーD」

パワーユニットはディーゼルエンジン。

ディーゼルの利点は、なんといっても安定した燃焼によるフラットなトルク特性である。ミニクロスオーバーの場合、ターボモデルなのでエンジンに導く空気の圧力をガソリン車より高められる利点もある。

4気筒2Lユニットは、ガソリン車でいえば3L超えのトルクを携えているので心強い。アイドリングは先代に比べ、とても静かな印象だ。

3人乗車で箱根の急勾配に向けて走り出す。アクセルを少し踏んだだけだが、パワーが十分なことは想像がついた。一方で、乗りにくければ意味がない。確かめるために、ラフにぐっと踏んでみると、ゆとりのあるトルク特性で無理なく加速した。とても気持ち良い。FFであるが、地面を蹴るトラクションはとても良い。エンジン搭載位置とサスペンションのセッティングも配慮されている。ディーゼル特有のノイズもきちんと抑えられており、アイドリング以外の走行状態では気にならないはずだ。

ハンドリングも先代よりも安定感が増し、山間部では特に軽やかで気落ち良く感じた。アンジュレーション(起伏部)でも、いなしは十分だ。これは、人によっては「MINIらしくない」と評価するかもしれない。

正直、もう、これで満足といった印象だったが、やはりトップグレードに乗ってみなければ、クロスオーバーとしてのMINIブランドの意図も見えにくいというものだ。続けて、「クーパーSD クロスオーバーALL4」に試乗した。

▲こちらが「クーパーSD クロスオーバー ALL4」。同モデルの中では最上級グレードとなる

▲こちらが「クーパーSD クロスオーバー ALL4」。同モデルの中では最上級グレードとなる

価格は先ほどのモデルより100万円近く高い。オプションを入れれば、それ以上の開きが出てくるほど高価だ。

話が前後するが、BMW傘下に入ってからのMINIは、新しいモデルがアナウンスされるたびに購買意欲をかき立てられる。クオリティの向上が著しいのだ。

もともと大衆的なブランドだったMINIだが、今や500万円レベルのプレミアム性を構築している。手法としては、塊感を増し、守られた印象を強くしたエクステリア造形であったり、触れる部分や可動部で見た目を裏切らない質感に仕上げたインテリアであったり様々であるが、ドライバーの「所有する喜び」を高める要因として、「質」が大きな役割を担っていることは確かだ。そして、冒頭から着目しているパワーユニットのパフォーマンスも同様に、バリューを高める要因の一つ。

▲見た目がシャレているのは周知のことだが、触った質感でも満足感を得られるのが、今のミニブランド
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。