ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ライブハウス感覚でお笑いを楽しもう! 大阪ミナミ6会場で『サマクロ2017 ~Summer Crossing~』開催

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

%e7%84%a1%e9%a1%8c

8月26日、大阪ミナミで“お笑いの夏フェス”と呼ばれる『サマクロ2017 ~Summer Crossing~』が開催される。

会場数は昨年の3会場から大幅に増加し、よしもと漫才劇場、YES THEATER、なんば紅鶴など6ヵ所。

リストバンドを購入すれば各会場をフリーパスで出入りしてゆりやんレトリィバァ矢野勝也(矢野・兵頭)福本愛菜(元NMB48)ヒューマン中村鱒之介電氣ブランなど150人以上のよしもと漫才劇場所属芸人やゲストが繰り広げるお笑いプログラムを楽しむことができる。

大阪ミナミには大小多くのお笑い劇場が存在し、ライブハウスのような気楽な感覚でお笑いを楽しむ文化が定着しつつある。

中には一般人が日常生活でけっして足を踏み入れないだろう怪しげなスポットも含まれているが、今回のように運営のしっかりしたイベントであればそれも安心。

テレビではけっして放送されない若手やコア方面のお笑い現場を体感するいい機会なので、興味ある方はぜひ足を運んでいただきたい。

詳細は以下の通り。

『サマクロ2017 ~Summer Crossing~』

【日時】
2017年8月26日
12:00開演
20:00 終了予定

【会場】
・よしもと漫才劇場
・YES THEATER
・なんば紅鶴
・なんば白鯨
・道頓堀ZAZA POCKET’S
・G3

【チケット】
チケットよしもと
Yコード:505050
http://yoshimoto.funity.jp/r/samakurofes07/

・前売券3,900円
・Tシャツ(S/M/L)付チケット5,900円
※Tシャツ付チケットは7月31日お申込み分まで。

tsa

【お問合せ先】
TEL:0570-550-100
※受付時間は10:00〜19:00

※画像は『サマクロ2017 ~Summer Crossing~』オフィシャルサイトから引用しました

中将タカノリの記事一覧をみる ▶

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。