ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【嫁さん評価★1】でも傑作!ビールと相性が良すぎる「夏のキムチトースト」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:kamekichipapa:20170711162544j:plain

嫁さん評価 ★☆☆☆☆

「そもそもキムチがどうも苦手なのよねぇ……。食べられないことはないけど。焼いたキムチは酸味が飛んで少しは食べられるかしら」

娘評価 ★★★★☆

「キムチ、おいしいやん! めっちゃ好きやけどねぇ。海老がのってるのもいいけど、キムチっていったらやっぱり豚キムチかなぁ」

最近の酒屋さんには、ワインに日本酒、ビールだっておもいっきりいろんな種類が並んでいます。なんで、どれがいいか迷ったらやっぱりお店の人に聞くのが一番。

その時、「どれがおいしいですか?」なんて聞いたらあきまへん! ワインなら「赤が好き」とか「重いのがいい」とか、日本酒なら「甘口がいい」とか、ビールだって「苦みがあるほうがいい」「ホップが効いてるのがいい」なんて具体的に質問するようにしてます。その方が、自分にあったお酒に出合えることが多いんです。

というわけで今回は、少し苦めのビールにぴったりの「キムチトースト」。一口食べて口の中がピリ辛になったところに、苦みの効いたビールをゴクリ。思わず「クーッ」!

かめきちパパの「シーフードキムチトースト」

【材料】(1~2人分)

食パン(5枚切り) 1枚 白菜キムチ 80g 冷凍シーフードミックス(海老、イカ) 各6個くらい 焼肉のたれ 大さじ1 マヨネーズ 大さじ2

作り方

f:id:kamekichipapa:20170711162552j:plain

1. 食パンは格子状に深く切り込み(3×3)を入れます。これで食べるときに1切れ1切れ、取りやすくなります。

f:id:kamekichipapa:20170711162600j:plain

2. 耐熱皿にシーフードミックスを入れてラップをし、500wのレンジで1分30秒加熱。中まで火を通してから冷まし、ボウルに白菜キムチ(大きければ食べやすい大きさにカット)、焼肉のたれと一緒に入れて混ぜ合わせます。

※シーフードの大きさで加熱時間は多少前後します。

f:id:kamekichipapa:20170711162604j:plain

3. 食パンにマヨネーズを塗り、2をのせて800wのオーブントースターで3~4分焼いたら出来上がりです。

味のポイントは、あの「タレ」!

f:id:kamekichipapa:20170711162606j:plain

トーストですから1枚丸ごとかぶりついて食べるのもええんですが、お酒の肴、と考えると一口サイズにカットしてオードブル感覚でつまむのが正解。

キムチだけでは少しボリュームが…… ということで、今回は冷凍シーフードに助けてもらいました。味のポイントは「焼肉のたれ」! 味がギュッとしまってええ感じで食べられます。

もっと濃いのがええわーという人は、最後オーブントースターで焼く前にチーズをのせて「キムチピザトースト」もあり。キムチ味がチーズでマイルドになって、食べやすくなりますよ。ただ、キムチの味を楽しみたい! という人はチーズなしがおすすめですわ。

作った人:かめきちパパ

かめきちパパ

調理師免許と食育アドバイザーをもつ主夫。うるさいお姫様2名と「お弁当・命!」の嫁さんとの4人暮らし。ご飯のおかずからお酒の肴まで和・洋・中なんでも作ります。「楽しく作って、楽しく食べる」そんな楽ウマ料理を楽しんでいます。 ブログ:SAKE TO RYOURI レシピブログ:かめきちパパさんのmyレシピブック

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ウェブサイト:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

※この記事は2017年7月の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

【嫁さん評価★4】食感に感動! 今年は「冷やし中パ」始めました【今週は冷たい麺】
【嫁さん評価★5】「そばめし」がウマくなる「麺とご飯の黄金比」って?【焼かないそばめし】
【嫁さん評価★4】パスタを「もっちりつけ麺」に変身させる「ほんのひと手間」って?

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。