体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これさえ押さえればもう騙されない!『ダイヤモンド初級講座 4Cと模造品の見分け方』セミナーに参加した

株式会社ドリームファクトリー(大阪府大阪市)が運営する貴金属買取店「ゴールドプラザ」主催による『ダイヤモンド初級講座 4Cと模造品の見分け方』が開催された。セミナー当日の様子をレポートする。

 

講師は、前回の「金の真贋セミナー」でもお馴染みの、ゴールドプラザのブランド事業部マーケティング担当の川崎拓氏だ。

開始早々、「ダイヤモンド鑑定のプロになるためには、少なくとも5年はかかります」と川崎氏から聞かされ、想像以上のハードルの高さにいきなりくじけそうになった記者。

 

とはいえ、あるアイテムさえあれば、いくつかのチェックポイントを押さえるだけで、粗悪なダイヤモンドを選別できるようになるという。

「これを持ってジュエリー店に行くと、すごく嫌がられると思います」と不敵な笑みを浮かべる川崎氏が手にしているのは、前回のセミナーでお土産にもらった「10倍ルーペ」だ。

 

「ルーペが使いこなせないとダイヤモンドの見極めはできないので、必ず覚えて帰ってくださいね。慣れると様になって格好いいですよ」というわけで、ルーペの正しい使い方から教えてもらうことに。

まずは利き手にルーペを持ち、利き目の前に近づけ固定する。次に、ルーペと反対の手で持ったジュエリーをゆっくりと前後に動かしながら、焦点が合う位置まで調整していく。両脇を締め、両肘を机に固定して、ジュエリーだけを動かすのがコツだという。

「鑑定書と見比べることもあるので、両目を開いたまま、正面や斜め、真横など、ダイヤモンドを様々な角度からじっくり調べてみてください」

 

ダイヤモンドの偽物とは?

 

そもそもダイヤモンドの「偽物」とは、ダイヤモンドの模造品や模倣品を本物と偽って流通させているものを指すという。

「ガラスやプラスチックといった、比較的見分けがつきやすいものばかりではなく、ジルコンと呼ばれる天然石や、ジルコンによく似たキュービックジルコニア(CZ)、ルチルという合成品も出回っています。ダイヤモンドより美しいともいわれる合成品のモアッサナイトともなると、プロでも見極めが難しくなってきますね」

 

「本物のダイヤモンドであっても、なかには低品質のものを高品質だと偽って高く売ったり、人工的な処理を加えたものを天然物と偽って流通させたりするような悪質なケースもあるので、ネットオークションやフリマアプリなどで実物を確認せずに購入するには注意が必要です」

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。