体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『イバラキングメロンパフェ』が話題となった茨城県“知事直轄広報広聴課広報戦略室”にいろいろ聞いてみた

先日茨城県について以下のような記事を書いた際、“知事直轄広報広聴課広報戦略室”の中の人に取材を申し込んだのですが、回答が掲載後という時間差攻撃をくらいました。そんな折、東京銀座にある茨城県のアンテナショップ、“茨城マルシェ”で販売されている『イバラキングメロンパフェ』が世間を騒がせているという情報が。これは再度、“知事直轄広報広聴課広報戦略室”の中の人に話を聞くしかない! ということで聞いてみたところ、いろいろ詳しく教えてくれました。さすがオープンマインド、茨城県!

茨城県公式ツイッターアカウントのフォロワー数が10万人突破 「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です [リンク]


残念なことに4月下旬~6月下旬が旬のイバラキングを贅沢に使用した『イバラキングメロンパフェ』は、「期間限定商品で6月30日をもって販売終了」とのこと。中の人によると、「生産量日本一(しかも17年連続らしい)のメロンをPRしようと、5~6月をハッピーメロンシーズンと位置づけてPR」に力を入れていたそうです。茨城県公式ツイッターでも、「『イバラキングメロンパフェ』をはじめ、メロン食べ放題のウォーキング&ランニングイベント『メロンメロンラン水戸偕楽園』、抽選でメロンが贈られる『ハッピーメロンウェディング』など、メロンに関するツイートを積極的に行ってきました」ということです。

『イバラキングメロンパフェ』については、「お陰様でご好評をいただき、順番待ちの列が店外にまで続き、閉店を待たずに販売終了する日が続いておりました」とその人気ぶりを語ってくれました。『イバラキングメロンパフェ』が『Twitter』上で話題になっていたことについては、「皆さんに拡散いただいたこと、大変ありがたく思っています」とのコメント。



1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。