体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ぐうかわ】上野のパンダだけじゃない! 海遊館に爆誕したイワトビペンギンの赤ちゃんを見てきた【世界初かも】

日本中がパンダのシンシンの赤ちゃん誕生に沸く6月、大阪・海遊館ではイワトビペンギンの赤ちゃんが2羽誕生しました。目の上にある黄色い飾り羽が特徴で、筆者(35歳男)の世代には整髪料のCMキャラクターとして印象深いイワトビペンギン。超絶かわいいイワトビペンギンの生まれたばかりの赤ちゃんを見られるとあって、海遊館に足を運んできました。

かわいい&絶滅危惧種&世界初かもしれないペンギンの赤ちゃんを間近で見られる

CM以来ずっと人気でメジャーなイメージですが、実はミナミイワトビペンギンは国内の飼育羽数が減少傾向にあり、絶滅の恐れもあるという貴重な存在。海遊館でも繁殖に力を注いでいて、昨年世界で初めて人工繁殖に成功しました。今年は何と“凍結精子を用いた繁殖”に挑戦し、今回誕生したヒナのDNA型を検査してこの授精によるものと確認できれば、冷凍精子では世界初の成功例となるのだそう!

ペンギンの子育て期間は夏なので、外ではペンギンに暑すぎるため温度管理のしやすいバックヤードに入れてしまう施設が多いのだそう。海遊館では温度と照明をコントロールし、通年でイワトビペンギンを展示できる“新体感エリア”を2013年に設置。この貴重なイワトビペンギンの子育てを間近で観察できる展示が誕生しました。展示のあるフロアに入ると、ひんやりした空気が感じられ気持ちのいい空間でした。

生後12日の赤ちゃんはふわっふわ!

6月7日に産まれた赤ちゃんは展示の中央で2羽の親ペンギンに守られていました。エサを与えられたり、毛繕いをされたりしながら体勢を変え、時折見せてくれるその姿はふわふわのグレーの毛につつまれ、瞳は黒くつぶらで天使のようなかわいさ!この赤ちゃんが冷凍精子の受精によって産まれた可能性があるペンギンで、7月以降にDNA検査で判明予定なのだそう。

親ペンギンはペアとなって子育てをし、一羽が口移しでエサを与えるなど赤ちゃんを見ている時はもう一羽が周りに危険が近づいていないか見張りをしています。例え同じ空間で生活しているペンギン同士でも、油断すると場所を奪いに来て赤ちゃんに危害が及ぶ可能性があるそうで、そうならないよう親ペンギンは赤ちゃんから一時も目を離すことがありません。親ペンギンのボーダーに足を踏み入れるペンギンがいようものなら、オスの親ペンギンが大声を上げて威嚇していました。逆に、そんな親ペンギンに挟まれ赤ちゃんは安心した様子でした。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。