ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

野菜の摂取量が足りている人、足りていない人では朝食が違う!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
野菜の摂取量が足りている人、足りていない人では朝食が違う!?

忙しい朝はトーストとコーヒーでササっと済ませてしまう…。そんな人は多いのではないでしょうか。「野菜を1日350g摂りましょう」と言われていますが、これは健康増進法に基づく健康づくり運動「健康日本21」が、目標として掲げる野菜摂取量。健康な体をつくるには、ビタミンやミネラル、食物繊維を含んだ野菜の摂取は欠かせませんね。実は最近、この目標量を達成するには朝食の内容が鍵を握る、ということが調査により明らかになったのです。

野菜不足解消の決め手は「朝食」にあった!

2016年7月にカゴメが行った調査によると、78.8%の人が「朝食で摂る野菜の量は70g(小皿1皿)未満」と回答しました。多くの人は忙しいため、朝食に時間をあまり割けず、準備にも手間をかけたくないと考えているようです。
また、1日の目標野菜摂取量に足りていない人のうち、82%がこの「朝食の野菜摂取量は70g未満」と答えています。1日の野菜摂取量を増やすには、朝食で野菜を摂ることが重要だといえそうです。

ちなみに、「朝食、昼食、夕食でどのくらいの量の野菜が摂取できているか」を調べたところ、以下のような結果に(厚生労働省調べ)。朝の食卓に上がる野菜の量は、夕食よりも平均100g少ないことがわかりました。

食事シーン別 野菜の平均摂取量

朝食・・・52.9g
昼食・・・70.0g
夕食・・・157.2g

平成25年 国民健康・栄養調査より

では、1日の野菜摂取量が足りない人の、朝食はどのような内容なのでしょうか。

目標摂取量を摂れていない人の朝食事情

目標野菜摂取量を食べられていない人の朝食事情

●1日の野菜摂取量が足りない人の朝食は…

そもそも朝食を食べていない

お菓子や果物のみ

サプリメントのみ

調理済み食品(野菜は少ない)

朝食で摂る野菜の量は70g(小皿1皿)未満

朝食で野菜を摂らなくても「夕飯で野菜を多めに食べているから大丈夫」と思う方もいるかもしれません。しかし、カゴメの調査結果では、野菜が足りていると思っていても、実際に野菜摂取量の目標値350gを摂れている人はごくわずか(4.2%)でした。野菜350gというと、おかず(ほうれんそうのおひたしなど、1皿で野菜70gに相当)を5皿ほど食べる必要がありますから、昼食や夕食だけで5皿分を毎日食卓に並べるというのも、なかなか大変なこと。少しでも朝食に回して摂っていければ、無理なく食べることができますね。

ちょっとの工夫で、野菜たっぷりの朝食に!

ちょっとの工夫で、野菜たっぷりの朝食に!

では、どうすれば朝食に野菜を取り入れやすくなるのでしょうか。
調査では、朝食に時間を割けないとの声が多数ありました。驚くことに、30.9%の人が「朝食は5分未満で済ます」「朝食は食べない」と回答しており、手間のかかる朝食は優先順位が下がりがちのようです。
そこで、忙しい朝でも時短で野菜を取り入れられる、おすすめのレシピがこちら!

忙しい朝でもできる!時短で手軽な野菜の朝食レシピ

■トマトとりんごのレッドスムージー 《調理時間:約3分》
材料(2人分)

トマト 2個、りんご 1個、グレープフルーツジュース(100%) 150cc

作り方

トマトはヘタを取って洗い、くし切りにする。りんごはヘタと芯を取り、トマトに合わせて適当な大きさに切る。

グレープフルーツジュースとともにミキサーにかける。

■キャベツとソーセージのトマトスープ 《調理時間:約15分》
材料(2人分)

キャベツ 1枚、タマネギ 1/2個、にんじん 1/2本、ウインナーソーセージ 2本、 オリーブオイル 大さじ1、トマトケチャップ 大さじ2、コンソメスープの素(固形)1個、塩・コショウ 少々

作り方

キャベツはざく切り、タマネギは薄切り、にんじんは細切り、ソーセージは斜め切りにする。

鍋にオリーブオイルを熱し、タマネギ、ソーセージ、キャベツ、にんじんの順に炒め、 水2カップ(分量外)、コンソメスープの素を加えて沸騰させる。

トマトケチャップを加えて約5分煮たら、塩・コショウで味をととのえる。

■キャベツのホットサラダ 《調理時間:約10分》
材料(2人分)

キャベツ 4枚、鶏ささ身 2本、酒 大さじ1/2

<ケチャップドレッシング> トマトケチャップ 大さじ3、サラダ油 大さじ2、酢 大さじ2、醤油 大さじ1/2

作り方

キャベツは大きめのざく切りにし、耐熱皿に入れてラップをかけ、電子レンジでしんなりするまで加熱する。

鶏ささ身は酒をふって電子レンジで1~2分加熱し、食べやすい大きさにさいてキャベツとあわせる。

<ケチャップドレッシング>の材料をすべて混ぜ合わせ、温かいサラダにかけていただく。

ちょっとの時間と工夫で、朝食にプラスできる1品が完成です!
たとえばトースト&ゆで卵に、これらの時短野菜レシピを1品追加。忙しい朝でも手軽に用意ができて、栄養バランスの良い朝食になりますね。

最後に

もっと野菜を摂る食生活に近づけるために、まずは朝食の内容を見直してみませんか。手軽な野菜メニューを1品プラスして、無理なく野菜を摂れる食事スタイルを見つけていきましょう。関根理央

関根理央

カゴメ管理栄養士

カゴメ株式会社入社後、シェフ・栄養士等の専門職から生活者まで、幅広い対象に向けて、「野菜好き」を増やすコミュニケーションを継続してきた。

食を通じて「健康寿命延伸」という社会課題の解決するため、カゴメの管理栄養士社員が立上げたプロジェクトの創設メンバー。「野菜の会社」としての知見とノウハウを凝縮したセミナー等を通じて、人々の生活をより健康に、より笑顔にすることを目指している。

最終更新:2017.07.12

文:齊藤カオリ
写真:Getty Images
監修:カゴメ管理栄養士 関根理央
出典:カゴメ:8 月 31 日は「野菜の日」 野菜摂取実態に関する意識調査
厚生労働省:平成27年度国民健康・栄養調査報告
農林水産省 関東農政局:あなたの野菜摂取量は足りていますか?

VEGEDAY powerd by KAGOMEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。