体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「絶対直球女子!プレイボールズ」2周年ワンマン・ライブレポート

2017年6月25日(日)、shibuya duo MUSIC EXCHANGEにて、野球を振興することをテーマとしたアイドルグループ「絶対直球女子!プレイボールズ」の2周年ワンマンライブ『プレイボールズ2周年記念ダブルヘッダー単独試合』が開催された。

ダブルヘッダー(プレイボールズ用語で「1日に2回ライブをすること」)と銘打たれたその名の通り、【1部 2回表 灼熱の甲子園編】【2部 2回裏 夢のスタジアム編】の2部制で行われた本ワンマンライブ。今回は、【2部 2回裏 夢のスタジアム編】の模様を、詳細にレポートする。

楽曲性の高さ・「野球」というコンセプトに沿って練られたシステム制度とブランディング・男性運営2名が「ボールボーイ」としてメンバーと共にステージに立つという唯一無二のライブスタイルなど、様々な面においてデビュー当時から注目されてきたプレイボールズ。かく言う私も、2年前からその活動の斬新さに魅了され続けて来たうちの1人だ。2周年を迎えたプレイボールズのメンバーがどのようなワンマンライブを魅せてくれるのか、期待を胸にいざduoへ入場!

会場へ入るとすぐ、左手に装飾品の数々が飾られていた。じっくりと見てみると、ファンの寄せ書き付きの横断幕が壁一面に貼られていた。一周年記念時の物のようだが、そこには当時在籍していた卒業メンバーの名前もしっかりと刻まれており、2年間で積み上げて来たプレイボールズとファンの絆を感じることが出来た。更に、メンバーのデビュー当時から現在までの軌跡をたどる少し懐かしい写真や、プレイボールズのキャラクター「熱血くん」と写真が撮れる撮影スペースなどが設けられており、開演前もプレイボールズに浸ることが出来た。

duoの会場は、推しメンの背番号と名前がしっかりと刻まれたプレイボールズオリジナルユニフォームに身を包むファンで溢れていた。メンバーへのサプライズ用のグッズがファン同士で配られるなど、何となく和やかな雰囲気を感じる現場である。

開演を待ちわびていると、開演 3分前に野球好き芸人「千葉ドラゴン」が登場。デビュー当時からプレイボールズのMCを務める千葉が、メンバー登場前に会場を温めた。そして千葉に続いてボールボーイが登場。冒頭でも少し触れたが、プレイボールズのライブパフォーマンスには女性メンバー以外にこのボールボーイ2名がいつも参加している。普段は運営としてメンバーのマネジメント業務を行っている彼らだが、そのパフォーマンスは本当に素晴らしい!男性ならではの熱さでオーディエンスを煽りまくり、会場に一体感を与えてくれている。

ボールボーイの太鼓演奏と共に、メンバーの応援歌斉唱が始まった。プレイボールズにはメンバー1人1人に応援歌があり、その内容はメンバーそれぞれ異なり、各々の性格や個性を 物語っている。ボールボーイや応援歌の存在からもうお分かり頂けると思うが、プレイボールズは本当に「野球」というコンセプトに沿って綿密に世界観が作り上げられているのだ。

応援歌の斉唱が終わるとすぐにメンバーが入場し、いよいよお待ちかねのライブスタート!

1曲目は『プレイボール!!』から始まり、一気に3曲続けて披露された。

1回目のMCではこれまでの2年間を振り返っての話題に関して。
1期生は結成時、野球のコンセプトに基づき9人だったのに実はデビュー前に2人が脱退してしまっていたことや、3期生の「みゅう」が加入する前既存メンバー達が運営スタッフから「3期生はすげえやつが入ってくる!」とかなりびびらされていたことなど、ぶっちゃけトークが繰り広げられた。

そしてライブは続き、特徴的な振り付けで会場中が揺れ動く『WE are UMPIRE』。更にデビュー時からの定番曲である『バ・バ・バ・バント』のイントロがかけられた。会場のボルテージはまさに最高潮!と思われたその時、なんと音響トラブルで曲がストップ!審判の恰好をした「千葉ドラゴン」が登場し、「ただいまのプレーについてご説明致します、音響トラブルにより曲のイントロから試合を再開します」との旨が説明された。説明を終えた千葉が裏へ下がろうとすると、すかさず背番 号 22 番の石田がツッコミを入れ会場に一笑い巻き起こる。音響トラブルなどの予期せぬミスにもうろたえず、バラエティ力を発揮した石田はさすがのトーク力だった。

ライブ定番曲が続々と披露され、映像タイムへ突入。すると、新ユニット「プレイボールズ U-18」が結成されると突然の重大発表が行われた。会場がざわめく中、キャプテンに現メンバーの背番号39番木原美空が就任されると発表。続いて背番号9番中本羽鞠の加入も発表。どうやらU-18とは18歳以下のティーンユニットのことのようだ。しかし現役メンバーの中に18歳以下はもういない…そう思っていた時に、新加入のメンバーが発表された。スクリーンに映された写真と名前に、「大熊うらら(17)」「大熊こころ(13)」と表示され、まさか?と思っているとそのまさか。なんと新加入メンバーの2人は実の姉妹なのである!更に姉のうららは現役野球部マネージャー、妹は現役野球児!まさに野球アイドルにぴったりな新メンバーの発表に、オーディエンスからは歓喜の声があがった。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会