体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

霊長類最強の香りのウイスキー? 期間限定バー『ブラックニッカ 香るバー』6月22日にオープン 行ってみた

%e5%90%89%e7%94%b0%e9%81%b8%e6%89%8b%e3%81%a8%e7%8e%89%e5%b1%b1%e9%89%84%e4%ba%8c%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%8c%e6%89%8b%e3%82%92%e6%8c%af%e3%82%8b

アサヒビールから、国産ウイスキーの主力ブランドである『ブラックニッカ』の期間限定バー『ブラックニッカ 香るバー』が東京・六本木ヒルズ内の『ヒルズカフェ/スペース』にて2017年6月22日(木)から7月9日(日)までオープンします。

6月21日に行われた『BLACK 香るBAR~ウイスキーは香りの宇宙。~』プレスプレビューには玉山鉄二さん、吉田沙保里さんが登壇。

%e5%90%89%e7%94%b0%e9%81%b8%e6%89%8b%e3%81%a8%e7%8e%89%e5%b1%b1%e9%89%84%e4%ba%8c%e3%81%95%e3%82%93

発表会で行われた香り当てクイズに吉田沙保里さんが挑戦。クイズのヒントに玉山鉄二さんが「吉田さんに似た(お綺麗な香りの)ウイスキーですよ」とコメント。この発言を受けて、吉田沙保里さんは「霊長類最強?」と返答し、会場を沸かせました。

『ブラックニッカ 香るバー』へ行ってみた

『ブラックニッカ 香るバー』は、ウイスキーの大きな特長であり、魅力である“香り”をテーマに、ウイスキーに関連する香りを体感できるのだそう。

%e3%81%8b%e3%81%8a%e3%82%8b%e3%83%90%e3%83%bc

『ブラックニッカ』ブランドを思う存分堪能できる期間限定バー。

%e5%ba%97%e5%86%85%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90 %e9%a6%99%e3%82%8a%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%bc

まずはお勉強タイム!

%e3%81%9a%e3%82%89%e3%81%a3%e3%81%a8%e4%b8%a6%e3%82%93%e3%81%a0

店内の展示スペースには、麦芽や樽、特長の異なる原酒などが展示されており、ウイスキーの香りの要素を原材料、樽、時間の経過、貯蔵庫の環境/自然、の4つの構成で学べるエリアが並んでいます。

%e3%83%a2%e3%83%ab%e3%83%88%e5%8e%9f%e9%85%92

パカッとふたを開けて、香りの体験。

%e9%a6%99%e3%82%8a%e3%82%92%e3%81%8b%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%81%93%e3%82%8d

「ほわわ~ん」と、ウイスキーのいい香り。香りというのは記憶によく残るそうで、ずっと覚えていられるかも?

%e3%81%a4%e3%81%91%e3%81%93%e3%81%bf

次は飲食スペース。『ブラックニッカ』3アイテムに含まれる特長的な香りである“りんご”、“あんず”“バニラ”のテスターが準備されており、ウイスキーを楽しみながら香りを実感することができます。

%e3%81%a4%e3%81%91%e3%81%93%e3%81%bf%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab

さらに、香りを実感するための工夫として、アサヒビール・容器包装研究所とニッカウヰスキー・ブレンダ―室が共同開発した『香りに出逢うグラス』を『ブラックニッカ 香るバー』で初めて展開。

3%e7%a8%ae%e9%a1%9e%e3%81%ae%e3%81%8b%e3%81%8a%e3%82%8b%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b9

『ブラックニッカ』ブランドのロック・ストレートや、『ブラックニッカ』ブランド3種が飲み比べできるテイスティングセットは『香りに出逢うグラス』で提供されます。

ウイスキー

『香りに出逢うグラス』は、ウイスキーの香りを楽しむ最適な形状を採用したグラス。開発にあたっては、アサヒビールの研究所で、グラスのなかの香りを特殊な赤外線サーモグラフィーカメラを使い可視化し、グラスの蓋を外してからの香りの拡散について濃度と速度を解析することで、香りが最も感じられるグラス形状を検討。さらに最先端のコンピューターシミュレーションの結果、グラスの中の空間部分が広く、丸みのある形状が適していることが発見。

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy