体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドラッカーが考える「目標設定に必要な三つのバランス」とは?

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第12回の今回は、「目標設定に必要な三つのバランス」についてです。

【P・F・ドラッカーについて】

ピーター・F・ドラッカー(1909〜2005)は、オーストリア出身の著名な経営学者。激動のヨーロッパで古い価値観・社会が崩壊していくのを目撃。ユダヤ人の血を引いていたドラッカーはナチスの台頭に危険を感じて渡米、ニューヨーク大学の教授などを経て、執筆と教育、コンサルティング活動等に従事する。

ドラッカーが深い関心を寄せていたのは、社会において企業が果たす役割についてであり、生涯にわたって、組織内で人をよりよく活かす方法について研究、思考し続けた。「マネジメントの父」と呼ばれ、GE社のジャック・ウェルチ氏やP&G社のアラン・ラフリー氏など、ドラッカーを師と仰ぐ世界的な経営者は数多い。

f:id:tany_tanimoto:20170515181248j:plain

こんにちは。俣野成敏です。

著名な経営学者であるP・F・ドラッカー氏の言葉に「私なりの解釈を付けて読み解いていく」というこのコーナー。

世界中に支持者を持つ一方で、難解と言われることも多いドラッカー氏ですが、残された著書を紐解くことによって、長年にわたり世界的企業の第一線で指導を続けた氏の真髄に触れることができます。これを機会にぜひ氏に親しんでいただき、氏の英知をご自身の仕事に取り入れていただくきっかけとなりましたら幸いです。

本日は、下記名言解説の1回目となります。

【本日の名言】

「目標を設定するには三種類のバランスが必要である。目標は利益とバランスさせなければならない。現在と将来とをバランスさせなければならない。異なる目標を互いにバランスさせなければならない。そのためには目標間のトレードオフが必要となる。

…何もかもできる組織はない。金があっても人がいない。優先順位が必要である。あらゆることを少しずつ手がけることは最悪である。いかなる成果もあげられない。間違った優先順位でも、ないよりはましである」

(P・F・ドラッカー『マネジメント』)

あなたも、会社で何かしらの目標を持たされ、それに向かって日々、努力を重ねていることと思います。ところで、意外に多いのが、目標を深く考えずに決めていることです。もしかしたら、あなたも機械的に「対前年105%」などと目標を決めてしまったことが、過去にあるのではないでしょうか?

ドラッカー氏は、目標について「具体的な目標を持たない領域は、必ずないがしろにされる」(『マネジメント』以下、すべて氏の言葉は同書より引用)と述べています。それだけ目標は大切だということです。

利益は「出し過ぎてもいけない」

それでは名言中にある、目標設定に必要な三種類のバランスについて解説したいと思います。

最初に利益についてですが、ドラッカー氏の有名な格言のひとつに、「利益とは企業存続の条件である」というのがあります。現在でも、企業が営業している目的が「利益を得るため」だと考えている人は大勢います。しかし、氏は「利益とは未来の費用であり、事業を続けるための費用だ」と主張しました。利益が企業の目的であることを明確に否定し、存続の条件だと言い切っています。

また、同時に「利益は条件だけではなく、制約でもある」とも言っています。

一般に、会社はコストを小さく抑えようとするのが普通です。コストを抑えれば、その分、多くの利益を出すことができます。けれどその反面、必要コストをかけなければ、出せる利益も先細りになります。実際、儲かっている会社は、「利益はコストで買うもの」という感覚を持っていることが多いものです。つまり、利益が目的ではないという以上に、コスト削減が目的になることはありません。

経済活動とは「不確実な未来のためにお金を使うこと」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会