ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ドクロの茶道具に光る畳? 横浜の茶道教室が斬新

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ドクロの茶道具に光る畳? 横浜の茶道教室が斬新
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。6月20日(火)のオンエアでは、茶人の松村宗亮さんをゲストにお迎えしました。

茶道裏千家准教授の松村宗亮さんは、横浜は関内のマンションの一室で茶道教室「SHUHALLY」を開催されています。この「SHUHALLY」という名前には「守・破・離」という意味があるそうなのですが、具体的にはどういうことなのでしょうか?

「もともとは、日本の古来のいろいろな学びごとの発展段階を表している言葉で、先生の教えをたくさん聞いて、基本を守っていく“守”の段階、だんだん“守”をやり尽くした後に『こんなアレンジだったらできるぞ』と殻を破っていく“破”の段階、破り倒した後に自分の自己流を確立する、もう一歩上の段階に上がる“離”の段階、という意味です」と松村さん。

現代の日本人にとって“茶道”というと、普段の生活に密着していない別世界のイメージがありますが、勉強していく中で、「守・破・離」という言葉の意味と、お茶の現代での立ち位置が似ていると感じ、「守・破・離」をもじった「SHUHALLY」という屋号にされたそうです。

そんな「SHUHALLY」に、以前、F1日本グランプリのために来日したルイス・ハミルトン選手が訪れ、松村さんのお茶をいただき、見事優勝されたそうです。「F1の前にうちに来てくださって、一服差し上げて。必勝祈願して、いろいろ金のモチーフの茶道具をお出しして…。すごく喜んでくださいまして。その後、優勝したから『あれはうちのお茶飲んだからだぞ』って吹聴して回ってます(笑)」(松村さん)

茶道具というと、歴史を感じるデザインのイメージがありますが、「SHUHALLY」には、現代アートの作家とコラボレーションしたドクロ型の茶道具なども使われていますが、これについて。

「400年前は、当時は当時でその時代の作家さんに、新しい茶道具をプロデュースしてもらってるんですね。言うならば、400年前の現代アートじゃないですか。それが時間を経ていくことによって古いものにはなるんですけど、そういう姿勢は学びたいと思っていて」(松村さん)

今の感性でしかできない茶道具は、今の時代に絶対にあると思われているそうで、「ライバルは400年前」とおっしゃいます。たとえば「SHUHALLY」の茶室は、光る畳があるなど、陰と陽を未来的に表現した演出が楽しめる不思議な空間だそう。「もともと“非日常の空間を演出する”というのがお茶の一つの目的でもあるので、少しは感じていただければいいなと思っています」と松村さん。興味のある方は、ぜひ一度足を運んで、非日常を体験してみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。