体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お家で勉強できる子

teruyastar

今回はteruyastarさんのブログ『teruyastarはかく語りき』からご寄稿いただきました。

お家で勉強できる子

人は毎日忙しい。
いや、暇といったら暇なんだけど、忙しいといったら忙しい。
勉強しようと思うほど身が入らず漫画やテレビやインターネットやゲームに逃げたりする。
ちょっとだけ学生をみる機会があって、過去の経験含め、勉強できる子、できない子で興味深い話が聞けたのでメモしておく。

パターン1・勉強したくないけど、しないといけない

勉強はしたくないけどお金は欲しい。
努力はしたくないけど名声を得たい。
こういう動機の子はいつまでもスタートしない。

だってしたくないんだから。

よくよく聞くと「この勉強に意味はあるのか?」という将来に迷ってたり、「この勉強法は正しいのか?」と“勉強法の勉強”でずっと迷ってたり、結果の失敗だけでなく、準備段階の失敗すら心配している。

そういう子には、
「これまで迷ってた時間があれば全部試せたろ? 迷路脱出は片っ端から壁にぶつかるほうがずっと速いぞ」
と厳しい言葉をかけてあげる(あまり人のこと言えんけどw)。
偏見かもしれんが男子に多いパターン。

パターン2・生きていくために、勉強しなければいけない

受験戦争の弊害?
勉強をつらいものと捉えすぎて、余裕ない感じ。
何か被害者意識、ヒロイック的な受難の空気を醸し出す。

残念ながらこちらからの言葉は届かない。
やらなきゃいけないことを一生懸命やってるだけ、パターン1よりましなのか辛いのかよくわからない。

パターン3・合格ライン最低限だけ勉強する

これも偏見だろうけど女子に多い。
とりあえず選択問題でも合格さえすれば、中身の理解はどうでもよく、予習復習とかあまりしない。なるべく最低限の労力で最大の効果を狙う。
飛び抜けすぎず、落ちこぼれもせず、勉強以外に大事な思い出がある。
余力がないのでケアレスミスや、トラブルに弱い。

「最低限の労力のほうが勉強キツイぞ。試験だろうが資格だろうが試験外の関連項目まとめて覚えるほうが実際は楽。記憶の定着率も理解度も上がるし、それだけ他分野への応用も効くようになって、全体的な勉強時間の節約にもつながる」
と言っても、全く聞く耳持たずワロタw

いくら体裁整えてても仕事だったらメインでは任せられんw
(任せられたくもないだろうけど)
いや、要領よく最低限のことをこなすしたたかさは、パターン1・2よりずっと評価すべきか(^_^;)

パターン4・上昇志向が強く、将来や名声のために勉強する

地位のためなら、いくら睡眠削っても勉強してやる。
名声のためなら、いくら苦しくても努力する。
貪欲でちょい傲慢。ほっといてもやる。

こういう動機は体力が持つ限り続く。
忙しくてもその隙間に勉強する。

ガムシャラが必ずしも効率良いわけではないが、睡眠、食事、運動などのライフバランスを第一に守らせるよう、近い成績の人をペースメーカーとして組ませるといい感じ。

パターン5・天賦の才

特定の科目が大好きで高得点な人。
それを学んだり、知ることが楽しいようだ。そりゃよかったなw

環境要因や、最初に尊敬する良い先生か、良い指導をする親がそれを引き伸ばした形跡も見かける。
誰か俺の才能も引き出してほしい。

で、、興味深いのは次のやつなんだが……

パターン6・上昇志向なし、勉強への興味なし、けどほとんどの科目高得点

この中で一番上昇志向がない。
勉強に意義や意味があるとも思ってない(と言ってる)。
結果をあまり意識してないのに総合点が一番高い。

特別勉強が好きというわけではないらしい。
かといって学歴や、大企業への就職、名声や金、異性にもてるためにやってるんでもないという。
もちろんそういう欲が全くないわけじゃないけど、ただその結果を目指すとだめで、自然と学歴や名声や金や異性やチャンスの選択肢が増えるから意識する必要がないと。
一見社交性は高くみえるけど、どこか壁があるように感じる。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。