体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

南アフリカ、ビール事情。

872a5395

ビールは古代エジプトの時代からあったと言われてるのですが、世界中、よほど寒いとか熱いとかでなければ、麦と水とホップがあればビールは作れたりします。
そんなわけで、世界中でご当地ビールというのがあったりします。

872a5361

日本だと、アサヒビールとかサッポロビールとかサントリーのビールとかありますけど、海外にきちんと輸出出来てる銘柄のほうが少なくて、だいたいは日本国内で消費されます。
といった感じで、各国では各国のビールが消費されるのですね。

872a5404

南アフリカだと、キャッスルビール(CASTLE)が定番でだいたいどこのレストランに行っても出てきたりします。
バドワイザーにバドワイザーライトがあるように、キャッスルライトというのもあったりします。

872a5402

ヨハネスブルグにいくと、キャッスルビールを作ってるSAB社がやってるビールツアーがありまして、ビールの歴史からテイスティングなんかも出来たりします。
また、ペローニというイタリアの有名なビールの南アフリカでのライセンス生産もしてたりします。

http://www.worldofbeer.co.za/pages/visit[リンク]

続いて、Mitchell’s Breweryです。

beer001

ナイズナにあるクラフトビールメーカーですが、1983年に作られて、ほそぼそやってたものの、売却されたり、買い戻されたりと、紆余曲折ありながらも、現在は南アフリカに2番目に大きなビールメーカーになっていますが、自然の素材と地元のホップを使うのにこだわったビール醸造所です。

beer002 beer004 beer005
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy