体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ちゃんと知っておきたい! 返さなくていい「給付型」奨学金

大学に進学したいけど、お金がかかるし、保護者に迷惑かけたくない…という理由で進学を躊躇している人もいるのでは?

 

そこで利用を検討したいのが奨学金。

 

国の奨学金事業を担当するJASSO(ジャッソ:独立行政法人日本学生支援機構)の調査によると、大学生全体の51.3%、約半数以上の学生が何らかの形で奨学金を受けている。

 

ただ多くが「貸与型※」の奨学金なので、卒業後に就職して返していけるかどうか心細く思っている高校生もいるだろう。

 

そんな人にぜひ知ってほしいのは、返さなくていい「給付型※」奨学金もあるということ。

 

2017年4月からJASSOの奨学金に新たに給付型制度が始まっているほか、独自の給付型奨学金制度をもつ学校、地方自治体などが増えている

 

そこでどんな制度があるのか、特色を紹介しよう!

お話をうかがったのは、ファイナンシャル・プランナー(FP※)の豊田眞弓(とよだ・まゆみ)さん。

 

豊田さんはFP事務所「FPラウンジ」の代表で、奨学金など子どもの教育資金の制度にも精通する専門家だ。

 

「どのようにして学費を用意するのか」をテーマに、高校の進路指導の先生や生徒の保護者を対象にした講演、セミナーで講師として活躍している。

  貸与型

学費に必要なお金を貸してもらえる奨学金。

借りたお金なので、学校を卒業したら返さないといけない。

  給付型

学費に必要なお金が給付される奨学金。

もらえるお金なので、返さなくていい。

 

※ファイナンシャル・プランナー(FP)とは

顧客の生活スタイルや家計状況などを分析し、顧客のライフプランを達成するための貯蓄計画、生命保険の見直しなどのアドバイスを行う専門家。

 

JASSOの「給付型」奨学金がスタート:月額2~4万円

 

  「給付型の奨学金にもいろいろあって、支給を受けるための条件もさまざまです。

 

保護者の年収、生徒さん本人の成績のほか、首都圏以外の地方在住者など地域が限定されていたり、進学する学部や分野の規定があるケースもあります。

 

利用を希望する人は、志望校選びの段階から奨学金情報を集めておくことをおすすめします」

 

と、豊田さん。

 

まず、新たにスタートしたJASSOの給付型奨学金についてみてみよう。

 

 

2017年度は児童養護施設出身の学生と住民税非課税世帯の一部(私立自宅外通学のみ)を支給対象にした先行実施で、2018年4月から本格的に実施される。

  「支給を受けられるのは、家庭の収入が低い人(住民税非課税世帯)のうち、1学年あたり2万人。

 

文部科学省によれば現在、全国に約5000校の高校がありますから、1校あたり平均して4人ほどの生徒さんに支給されるという計算になります。

 

もらえる金額は、進路などの負担に応じて月額2~4万円。

 

学費のすべてをまかなえるという金額ではないかもしれませんが、経済的な事情で進学か就職か深刻に悩んでいる高校生にとっては、助けになる制度です。

 

応募には学校推薦が必要なので、支給を検討したい生徒さんは早めに先生に相談してください」

 

【JASSOの給付型奨学金(2018年度進学者)の概要】

●対象者

住民税非課税世帯であることなど。

学力・資質基準はJASSOから提示するガイドラインを踏まえて各高校などが定める

 

●給付月額

国公立(自宅通学):月額2万円

国公立(自宅外通学):月額3万円

私立(自宅通学):月額3万円

私立(自宅外通学):月額4万円

*児童養護施設出身者などには別途24万円の入学一時金を支給

 

各校独自の制度のなかで要注目は「予約型の給付奨学金」

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。