体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】人気グラドルが「1日ママ」に! 6/10(土)新宿歌舞伎町に『週プレ酒場』が爆誕

_mtk4743

集英社は男性諸兄おなじみ『週刊プレイボーイ』(以下『週プレ』)創刊50周年企画として、『週プレ』編集部が完全プロデュースする公式酒場『週プレ酒場』を新宿歌舞伎町に6月10日(土)より1年限定でオープンさせる。そのオープニングイベントが開かれ、浅田舞さんや馬場ふみかさん、「グラドル自画撮り部」でおなじみ倉持由香さん、菜乃花さん、青山ひかるさんらが登場し、名物の唐揚げをアピールした。

_mtk4759

「アジア最大の歓楽街」の異名を持つ新宿・歌舞伎町。星の数ほどある酒場の中でもひときわ異彩を放つ『週プレ酒場』は、50年の『週プレ』の歴史が綴られたオリジナリティ溢れる酒場だった。

週プレ完全プロデュース『週プレ酒場』歌舞伎町に6/10オープン(YouTube)
https://youtu.be/BfvzUV_Fmp8

週プレ50年の歴史を感じるディープな世界

_mtk4760

『週プレ酒場』の場所は「等身大ゴジラ」でおなじみTOHO新宿の目の前のビル5階。靖国通りから歩いてすぐと、歌舞伎町界隈でも特にアクセス良好な場所だ。

_mtk4758

エレベーターで5階に上がってみると、さっそくアングラな匂いがプンプンする真っ赤な世界が広がっている。アジアの雑踏を連想させる極彩色には、否が応でも期待が膨らむ。

_mtk4757

エレベーターホールの天井にはみうらじゅん氏によって描かれた「週プレ酒場の守り神」達が来訪者を温かく迎え入れてくれる。

_mtk4755

そのほかにも景気の良い装飾が至る所に施されており、『週プレ』編集部の気合の入れようが伝わってくる。「世の中を熱狂させたい」という願いから生まれたというこの酒場、なんだかよく分からないアツい情熱を至る所から感じることができる。

1 2 3次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy