体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダイエットの常識に挑め!~マガジンハウス担当者の今推し本『どんなに忙しい人も必ずやせるビジネスマンの最強ダイエット エグゼクティブ・ダイエット』

9784838729296

こんにちは、マガジンハウスです。今回は、発売された直後にamazon総合1位! 早くも4刷が発売中の、掛け値なしで売れている本をご紹介しますよ。著者は、『人生がときめく片付けの魔法』を始め数々のベストセラーを生み出した出版プロデューサーの土井英司さん。自身も超多忙を極めるエリートビジネスマンですが、このたび出版した本書は、なんとダイエット本。何故にダイエット? という疑問を持ちつつ、御本人にお会いすることができたので直撃してきました~。

土井さん、とっても興味深い内容でした。土井さんご自身が16kgの減量に成功されていたのも驚きでしたが、そのアプローチ法も新鮮で…。これは、ダイエットの細かいノウハウというよりは、自分のライフスタイルを加味してシステムにしないとうまくいかないよ、という話ですよね。

土井:そういうことですね。僕はメルマガを12年続けてるんですが、毎日本を読んでメルマガを必ず書くというのは、けっこう大変なことでして。それを12年間も続けていられるのはなぜかというと、挫折しない仕組みがあるからなんですよね。そういう仕組みがダイエットにはあんまりないなと前から思ってたんです。僕自身、これまでダイエットは何回も失敗してて。

本にも書いてありましたが、意外ですよね。

土井:医師に言われて、階段を昇るダイエットとかをやってたこともあるんです。会社のビルの外階段7フロアを毎日昇り降りしてたら、すぐ2kg痩せた。で、ああこれいいじゃんと思っていたら、雨が降ったり強風だったりで続かなくなっちゃって。ジョギングも、似たような理由で辞めましたし。

なるほど。

土井:…という感じで、何一つ身に付いたことなかったから、なぜなのかをなんとなく考えるようになったんですね。同時に、世界中を旅しまくってるうちに気づいたのが、日本人は日本人のように太ってて、ギリシャ人はギリシャ人のように太ってて、アメリカ人はアメリカ人のように太ってるということ。それは原因と結果であって、要するに、ライフスタイルと食事がその体を作ってるだけなんだと。となると、日本人の典型的な行動パターンを追ってったら日本人のように太る理由がわかるだろうと思ったんです。

典型的な行動パターン、ですか。

土井:まず日本人は、筋トレよりもハードに運動するほうを好む。でも、外に出れば出るほど外部の環境に依存することになりますよね。さっき言いましたが、ジョギングだと雨が降ることもある。雨が降ろうが続けるという選択肢もあるわけですが、ここでビジネスマンとしての優先順位ってのが問題になってくるんですよ。

ビジネスマンとしての優先順位?

土井:雨に濡れて風邪をひいたら、お前のビジネスマンとしての責任は果たせるのか? ってことです。

そうか~!

土井:それはナシなんですよね。ビジネスマンは人に会うときに風邪ひいてる場合じゃないし、相手に風邪うつすなんて論外。そう考えるとジョギングは却下ってことになるんですよ、どうしても。ケガしてもリスクが大きいし。フィットネスクラブだって、世界各地にコンビニのように存在しない限り、続けるのは難しい。僕なんかほんとにものぐさなんで、着替えが必要ってだけでもう無理なんですよ。

1 2 3 4 5 6次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。