体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

役立つかどうか分からないけど“無駄にかっこいい”クラウドファンディング製品3選

クラウドファンディングには、日々様々な製品が出展される。

その中には世界を変革させる可能性のあるもの、疑問符の拭えないもの、明らかに役に立たなそうなものが混ざっている。そしてこの記事で紹介するのは、実際に役に立つかどうかは未知数だがそのデザインと斬新性で強烈なインパクトを残す製品である。

それは一体、どういう代物か?

1.Digitsole Smartshoe

クラウドファンディングサービス『Kickstarter』でここ最近大きな話題を呼んでいるのが、『Digitsole Smartshoe』という謎のスニーカーである。

これはスマートフォンと連動するIoT製品。靴紐はなく、代わりに「オートタイトニング機能」というものを搭載している。足の甲に当たるハッチがシリンダーで開閉し、使用者の足のサイズに応じて締めつけ度合いを自動調整するというものだ。

さらにこのスニーカーは、位置情報や歩数、歩幅、歩行距離などを算出してくれる。腕につけるガジェットよりも正確なデータを得られるという。

そしてDigitsole Smartshoeの最大の売りは、歩き方を修正してくれるという点だ。歩行のフォームが悪いと、腰痛などの原因になってしまう。足のどの部分に体重がかかっているのかを読み取り、その都度正しい歩き方をスマホ経由でレクチャーしてくれる。

それが万人の需要を生み出すか否かはさておき、確かに斬新なスニーカーである。

Digitsole Smartshoeは、229ドル(約2万5,000円)からの出資をKickstarterで受け付けている。

2.Cabriovelo

次に紹介するのは乗り物だ。

『Cabriovelo』はイタリア発の三輪自転車である。念を押しておくがこれは自動車ではなく、あくまでも人力の自転車だ。

イタリア製らしく、スタイリッシュなボディが特徴的である。ライトやウィンカー、バックミラー、ワイパー、クラクション、幌、そして200L収納のトランクまで用意されている。重量は45kgもあるが、250Wモーターがそれを楽々動かせるだけのパワーを供給してくれる。

限りなく自動車に近づけた自転車であるが、狭い日本の道路でこのCabrioveloが活躍できるか否かは微妙な問題である。そもそも、こんなものどこに駐輪すりゃいいんだ?

価格は3900ユーロ(約48万円)。このあたりは単車並みの数字だが、それでもCabrioveloの購入を希望する声が世界中から相次いだらしい。

3.Sound Heroes

最後はBluetoothスピーカーである。

『Sound Heroes』は、現在確認されている中で恐らく世界唯一のヒューマノイド型スピーカー。これぞアンメリカ〜ンヒーロー! という感じのフォルムのヒューマノイドが、音楽に合わせて発光したり、煙を出したりしてくれる。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。