体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もしも90年代の有名シューティングゲームの機体が、他ゲームの敵と戦ったら…? 野心作『MoonStriker』を紹介

時代と共にゲームは進化していく。キャラクターの表示数が増したり、色数が増えたり、演出が派手になったり。プレイヤーが操作するキャラクターもまた、進化と共に動きが多彩になったり、目を見張る攻撃を繰り出せるようになってきた。そんな進化の過程を追い続けて、こんな事を妄想したプレイヤーも少なからずいるかと思われる。

もし、このゲームで生まれたキャラクターが同じジャンルの別ゲームで主人公を務めたら、どんなことになってしまうのか、と。
 
image5
 
そんな「もしも」をシューティングゲームの場で描いたのが、今回紹介する『MoonStriker(ムーンストライカー)』だ。製作者は当もぐらゲームスでもレビューを掲載している『Image Striker(イメージストライカー)』(関連記事)のてらりん氏。2017年3月にiOS、Android、PC(Windows)向けに配信された。

内容は縦スクロールのシューティングで、迫りくる敵機を撃墜ながらステージを攻略していくという王道のものだ。しかしながら、システム周り及びその本編は、90年代のシューティングゲームの機体(自機)が他のシューティングに殴り込みをかけるという、個性的なものになっている。

二つの装備を駆使して、既視感のある敵達を撃て!

image9
 
今作でプレイヤーが操縦する自機は一口で言えば、タイトーのレイシリーズ(レイフォース、レイストーム、レイクライシス)と一緒。敵弾をかき消せる性能を持つ「ショット」、敵に狙いを付け、誘導レーザーの集中砲火を浴びせる「ロックオンレーザー」の二つの武装を搭載している。この(変な表現だが)「レイ感」溢れる機体で、プレイヤーは迫りくる敵達を撃墜していく。

そして、そんな自機を操縦して撃墜していく敵達は皆、見覚えのある容姿と動きを特徴としている。一括りに言ってしまうと、80~90年代仕様。その頃に生まれたシューティングゲームとほぼ同じ動きで、プレイヤーに襲い掛かってくるのだ。
 
image1
 
例として、ステージ1にて下方向から現れるこの大型宇宙戦闘機。
 
image2 ▲参考画像:『ストライカーズ1945 II』(※ゲームアーカイブスで配信中)

第二次世界大戦終結後を舞台に、新型兵器を駆使して謎の組織と戦うシューティングゲーム『ストライカーズ1945』に出てくる戦闘機だ。ご丁寧に登場の仕方まで同作っぽくしている。
 
image10
 
次のステージ2では、古くからのゲーム世代なら苦笑い必至の光景が。
 
image13 ▲参考画像:『ゼビウス』(※Wii、WiiUバーチャルコンソールで配信中)
 
そう、1983年にアーケードゲームとして誕生し、後にファミリーコンピュータにも移植された『ゼビウス』だ!しかも、道中には飛行新素材という名の回る鉄板「バキュラ」のような敵も登場する。更にステージを進めていくと、「ゼビウスと言えばこれ」という代名詞的なものも。それが何なのかは実際にプレイしてのお楽しみだ。
 
image4
 
他にも『イメージストライカー』でもネタにされていた、『イメージファイト』由来の巨大戦艦が出てきたりと、至れり尽くせり。そんな他の著名なシューティングゲームを模した敵達をレイシリーズ由来の機体で撃退していく。これこそが今作の魅力で、著名なシューティングゲームの機体で、他のゲームに殴り込みをかける「もしも」なドッグファイトを楽しめるのだ。
 
image14
 
90年代から80年代の過去へタイムスリップしたかのような雰囲気も醸し出しており、特に先の『ゼビウス』を模したステージにおいては、「未来からの殴り込み」とも言うべき、『ドラえもん』(主に映画シリーズ)の時間犯罪者になった気分を体験できるのが面白い。タイムパトロールもいないから、まさにやりたい放題だ!(※歴史改変は重罪です。よい子はマネしないように。
 
image8
 
未来の機体で過去の敵を相手にするなら、一方的になるのではと想像してしまうが、意外とそうならないのも面白い。というのも、敵の耐久力が高めに設定されている上、通常ショットの威力が低めなので、発射までにワンテンポ挟むロックオンレーザーで撃墜していく立ち回りが要求されるのだ。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。