体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【女vs女の真っ向口喧嘩】CINDERELLA MC BATTLEのバチバチ具合がハンパない!【日本初の女性MCバトル】

「BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権」「フリースタイルダンジョン」が話題となり、その魅力やシーンが広く知られることになったMCバトル。最近ではラッパーがバラエティ番組などに出演したり、さらにMCバトルをモチーフにしたCMなども多く見かけるなど、あらためてその熱を感じさせる。そしてそこからまた新たな熱が生まれそうな予感!それが女性ラッパーのみのMCバトル大会「CINDERELLA MC BATTLE」だ。

今年1月29日に第1回が行われたCINDERELLA MC BATTLE。実は女性のみのMCバトルとしては日本初の大会。17人によるトーナメント戦が行われ、ラッパーとして実績も高いあっこゴリラ椿・FUZIKOといった面々に加え、ラップアイドルグループ・ライムベリーのMC MIRIや、シンガーソングライター兼グラビアアイドルとして活躍しているMCビキニ a.k.a 藤田恵名らも参戦。

当ライターは決してMCバトルについて長く見てもないし詳しいわけではない。しかし第1回のCINDERELLA MC BATTLE、そして3月に第2回CINDERELLA MC BATTLEの予選も兼ねて行われた「戦極女帝杯」を生で見て、今まで見てきた男対男のMCバトルとは違った魅力に惹かれたひとりだ。

その魅力は見た目からしてキャラクターが多彩なこと。見た目ひとつとってもキャップとTシャツとソリッドな者もいれば、着物やビキニ姿のラッパーも。そして操る言葉も女を武器にする者もいれば、武器にしない者もいる。そんな彼女たちがぶつかるMCバトルの内容は、男vs男のバトルにはないテーマでぶつかりあう事もしばしば。たとえば「育児」vs「仕事」のテーマになり、そこにはただ個人の話だけでなく保育園不足問題や職場での男女差など社会的な話題がにじむ。その「ラップで戦う女たち」のステージ上だけでない戦いがより透けて見える感じ、これが実に新鮮だった。

そんな女性ラッパーのMCバトル大会の最高峰、「CINDERELLA MC BATTLE」の第2回大会「CINDERELLA MC BATTLE vol.2」が6月11日に行われる。日本最大級のMCバトル大会「戦極MC BATTLE」イベンターで、CINDERELLA MC BATTLEの監修も勤めるMC正社員氏に「CINDERELLA MC BATTLE」も含めた女性MCバトルの現在と将来についてうかがった。

--前回のCINDERELLA MC BATTLEvol.1、これが「日本初の女性ラッパーによるMCバトル大会」というのが意外な気もするんですが。

MC正社員 数年前なら絶対できなかったですね。まずフィメール(女性)ラッパーがすごく少なかったんです。戦極の前身戦慄MCBATTLEでは64人エントリー中、毎回フィメールで出るのは萌黄とNAOMYっていう同じ2人、っていう時代もありましたし。中にはCOMA-CHIさんみたいにMCバトルを経てトップに立った人もいるけど、ここ数年は出てきてない。ただ、数は増えてるんですよね。「なんで女だけでやるんだ」って言われる事もあるんですけど、フィメール文化が盛り上がっていけば、お客さんも参加者も増えていくと思うんで。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。