体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

VOL.33 河瀨直美監督×永瀬正敏さん

VOL.33 河瀨直美監督×永瀬正敏さん

視覚障碍者に向けて、映画の登場人物の動作や情景を伝える音声ガイド。前作『あん』で音声ガイドの製作をする過程で、その表現方法に感銘を受けた河瀨直美監督がつくり上げた最新作『光』。何度となく撮り続けた河瀨監督の故郷でもある奈良を舞台に、視力を失いつつある元写真家と、音声ガイドの制作者の邂逅によって紡がれる物語は、見終えた後、どうしようもなく心の震えが止まらない。カンヌでカメラ・ドール賞を受賞した、商業映画デビュー作『萌の朱雀』(1997年)から20年。カンヌでグランプリを獲得した『殯の森』(2007年)から10年。自身にとっての節目の年に発表した『光』が、第70回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選出(グランプリは惜しくも逃すも、エキュメニカル賞を受賞!)された河瀨監督と、主演の永瀬正敏さんに、映画のこと、聞いてきました!(※インタビューは4月14日に行ったものです)

◆◆◆

──『あん』に続き2度目のタッグで、カンヌ国際映画祭の70周年という記念の年に、コンペティション部門に選出。お気持ちをお聞かせください。

河瀨監督「前作『あん』(2015)でも、”ある視点”部門のオープニングでカンヌに行かせていただきましたが、そのときに、次は公式のコンペで永瀬くんと一緒に行きたいと思っていました。それが現実のお知らせとして届き、まずいちばんに彼に電話をしました。あの場所に行けることは、事実として、映画にとって最高のお披露目だと思っています。なにもわからなかった『萌の朱雀』から20年の節目で、こうして選んでいただけるのは本当に嬉しいです」

永瀬さん「僕も監督と同じ気持ちです。カンヌはそこから世界に広がっていく、とてつもないきっかけになる映画祭でもあります。世界中の人に『光』を観ていただけるのは、本当にありがたいです。でも、今だから言いますが、監督はものすごいプレッシャーだったと思うんです。みんなが”カンヌ=河瀨さん”と言うけれど、そんなに簡単なものじゃないんですよ。だから、一生懸命、雅哉として生きて、少しでも監督の思いに答えられればとやってきた。(選出を知らせる)電話をくれたとき、監督はずるずるに泣いていましたが、僕も電話を切ったあと、ばーばー泣きました。今回は特に70周年ということで、世界中のすごい監督が素晴らしい作品で応募されたことでしょう。そのなかで日本代表、アジアでも数少ない作品に選ばれたことは、やっぱりすごい。監督には、本当に感謝しかありません」

──毎回、すべてをかけて映画づくりをされていると思いますが、やはり今回は特に強い思い入れがあったのでしょうか?

河瀨監督「前作の『あん』は興行的には私の作品ではいちばん成功しました。そういう意味での期待が高まっているところで、あえてやっぱり、オリジナルの脚本で勝負したいと思ったんです。周囲からいろんな企画をいただきましたが、何か自分の気持ちが乗っていきませんでした。そんななかで出合った”映画の音声ガイド”という題材。脚本は永瀬くんで当て書きをして、雅哉というその人が、そこで生きているように書いていったもの。そしてまた、映画というものをテーマに作ることは、大きな挑戦でもありました」

──弱視が進行し失明の危機にあるカメラマン・雅哉を主人公に、視覚障碍、認知症、劇中映画……さまざまな要素が相互につながり合う完璧なストーリー。脚本は1年以上かけて練り上げたそうですが、かなり苦労されたのでしょうか?

河瀨監督「脚本もそうですが、編集のほうが大変でした。60時間分のフィルムの中から、とりあえずOKカットだけをつないだ時点で、4時間くらい。そこから熟考して削ってもまだ3時間。これを半分にしなきゃいけないのかというところで、むしろ自分のなかで本当に大事だと思うものを削っていくことにしました。物語って、血管の中に”ストーリー=感情”を流していくようなものなんです。でもそこに大きな存在があると、なかなか血が流れていかない。別の人が編集したら、まったく違うストーリーになったのではないかと思うほど、大きなシーンがたくさんあるんですが、それを残してしまうと、なにかが絶対に滞って、無駄なものが見えてしまう。判断が鈍るところなんですよね。現場での思いと、両方を経験してしまっているので。削ることで感情を流していく。その取捨選択にとても時間がかかりました」

1 2 3次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会