ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

LAを愛する写真家が切り取る、時が止まったような街の風景Clint Woodside × Dan Monick ‘Vineland’

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Vineland_DanMonick_02
Dan Monick|no title|2017

LA 在住の写真家、クリント・ウッドサイドとダン・モニクによる写真展「Vineland(ヴァインランド)」が開催。本展は彼等にとって日本で初となる新作展となる。
写真家であり、写真出版レーベル「Deadbeat Club」を運営するクリント・ウッドサイドと、写真だけでなくミュージシャン、ディ レクターとしても活躍するダン・モニク。
彼らは共に作品集を制作したり、呑み語らったりする仲間でありながら、10 年以上もの 年月を共にする盟友でもある。
作品制作にあたり二人が目を向けたロサンゼルス郊外の寂れた街、サンフェルナンド・バレー。その中の一つの通りの名前である 「Vineland(ヴァインランド)」を展示のタイトルとし、幾度となく撮影を重ねてきた。誰もが思い描く LA のイメージとは異 なった、ノスタルジックで哀愁のある何気ない風景、過去の栄光の残り香が漂う悲しげな街並みなど、二人それぞれの目線から切り取られた様々な瞬間。それらは二人にとって特別で、愛おしい情景でありながら、収められた景色の一つ一つが、そこは過去なのか、 思い出なのか、あるいは明るい未来なのか、作品を通して私たちに訴えかけているようにさえ感じる。
場所と人との関係性、 そして時間の流れの在り方についての問いかけに、気付かされるきっかけとなるかもしれない。
本展では、二人が撮り下ろした写真のプリント作品、約20点を発表。会場では、ジンやTシャツなどの限定グッズも販売される。

Vineland_Woodside_01
Clint Woodside|no title|2017

山々に囲まれた陸の孤島、LA のサンフェルナンドバレー。そこへは驚くほど容易に辿り着けるが、とても離れがたい場所である。かつては未来と希望に満ち溢れていた土地が、今や時が止まってしまったかのよう。他のどこよりも気温が高いのも特徴である。
矛盾と、間違ったアイデンティティに溢れた何の変哲もない場所。この国のどこよりもアメリカンドリームが蔓延り、破滅し、消滅した場所。 特定の生き方を選択したが故に、偶然終わってしまったようにもみえるが、もしかしたら、ただ消え去りたかっただけなのかもしれない。さらなる発展の代償として、完全に放置されてきた場所とも言える。
Clint が今回初めてサンフェルナンドバレーについて調べている一方で、Dan は 10 年以上もそのことに夢中になっていた。似ていながら、そ れぞれに独特の撮影スタイルを持つ2人は、失われた時間や廃墟、無数のストリップモールやドーナツショップ、果てしなく続く大通りなど、様々なことについて幾度も語り合いながら、この壮大で扱いにくく、矛盾した題材に取り掛かった。
この作品は、多くの人々が暮らす土地から孤立してしまった偶像だ。壮大な試みを実現しようとしたこの場所は、いまだスモッグと厳しい太陽が猛威を振るっている。本来の目的を見い出すことができないであろう場所、サンフェルナンドバレーについて話し合う、もはやその行為自体 がエネルギーと美しさを生み出しているのだ。
イメージは決定的ではない。私達のすぐ隣で起こっている事なのに、違う時間を歩んでいるかのように思える。そして、それらのイメージは誰 一人として全く同じものを見てはいない事を捉えている。サンフェルナンドバレーの全てを伝えることは不可能だが、作品は旅の途中で送られ
てきた絵葉書のように、その物語を伝えてくれるだろう。

Clint Woodside|クリント・ウッドサイド
ニューヨーク州 バッファロー出身の写真家。
Let Me Die In My Footsteps(2013)、Build Us A Path(2014)、Undercover Cars(2016) など、これまでに 10 冊以上の写真集をリリースして おり、本国アメリカ以外にもロンドン、スウェーデン、中国、ソウル、オーストラリアなど世界各地で作品、写真集が販売されている。2014 年には Tobin Yelland や Lele Saveri(8ball zine) らと House of Vans のアジアツアーに参加。エド・テンプルトンをはじめ数多くのアーティストに支持 される写真出版レーベル「Deadbeat Club」の創設者、キュレーターとしても活躍している。現在はカリフォルニア州 LA 在住。
http://www.clintwoodside.com
http://www.deadbeatclubpress.com

Dan Monick|ダン・モニク
カリフォルニア州 LA 在住の写真家、ミュージシャン、ディレクター。 これまでに多くの出版物や広告、スヌープ・ドッグやケンドリック・ラマー、スクリレックスなどのポートレイト撮影を手掛ける。Showboat Gallery、Slow Culture、THIS:Los Angeles、Subliminal Projects、Soo Visual Arts Center など数多くのギャラリー、スペースで展示を開催。 2003 ~ 2006 年までは LA の Jeff Electric Gallery にて新人アーティストに焦点を当てたキュレーターを務め、2010 年 1 月~ 2011 年 2 月までは、 THIS: Los Angeles のメンバーとしても活動した。2012 年 10 月にリリースした写真集「Every Payphone On Sunset Blvd」で Ed Rucha の Books&Co 展に参加し、仲間のアーティストやムエタイ選手である Anthony Anzalone と「F/S Press」、さらに Atwater Village にアーティスト プロジェクトスペース兼出版レーベルである「Cash Machine」を設立。2016 年には 3 冊目となる写真集「Psychic Windows」を Cash
Machine からリリース。2016 年 12 月に Showboat Gallery で開催された個展「Silk Degrees」では、LA のストリートに対する彼なりの視点を 写真とネオン、樹脂、アクリルを用いて表現した 27 の作品を発表した。
http://www.dmonick.com
http://www.cashmachine.la
Dan Monick|no title|2017
(C)Dan Monick Courtesy of VOILLD, commune
Clint Woodside × Dan Monick ‘Vineland’
会期:2017 年 6 月 2 日 ( 金 ) ~ 6 月 30 日 ( 金 ) 開廊時間:水ー金 12:00~20:00、土日 12:00~18:00 ※月・火・祝日休廊
オープニングレセプション:6 月 2 日 ( 金 ) 19:00~21:00 アーティストが在廊致します。是非お越しくださいませ。
会場:VOILLD(ボイルド)
〒153-0042 東京都目黒区青葉台 3-18-10 カーサ青葉台 B1F
アクセス:東京メトロ日比谷線・東急東横線「中目黒駅」出口より徒歩 12 分、 東急田園都市線「池尻大橋駅」東口より徒歩 8 分
主催・企画:VOILLD、commune
WEB:http://www.voilld.com

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。