ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

街全体がホテル? 谷中で“1日住む”体験を

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

街全体がホテル? 谷中で“1日住む”体験を
J-WAVEで放送中の番組「JAM THE WORLD」のワンコーナー「LOHAS TALK」(ナビゲーター:小黒一三)。5月22日からは、株式会社HAGI STUDIO代表取締役の宮崎晃吉さんをゲストにお迎えしています。5月25日(木)のオンエアでは宿泊施設「hanare」のお話を伺いました。

アパートを改修した文化複合施設「HAGISO」に続いて、宮崎さんが手がけたのは「hanare」。ここは空き家をリノベーションした旅館で、コンセプトは「街全体をホテルに見立てた宿泊施設」です。

この施設を作った理由は、「谷中が賑わってきた反面、観光地化され、かつての魅力がなくなっている」と言う人がいたからだそう。観光客は昼間に来て夕方にいなくなるため、飲み屋や銭湯は儲からないという問題もあり、観光地としての“谷根千”のイメージだけがひとり歩きすることが「もったいない」と思ったのだとか。

そこで思いついたのが「1日住んでもらう」というアイデア。宿を作ることで、宿泊者に、宮崎さんらが考える「街の本当にいいところ」の魅力を伝えられないかと考えたそう。「銭湯が宿の大浴場で、僕らのおすすめの飲食店が宿のレストラン、自転車は自転車屋さんで借りて、おみやげは商店街で買う、文化体験は街のお稽古教室…といった感じで、全てアウトソースするネットワーク型の宿ができないと考えました」(宮崎さん)

宮崎さんの考えたコンセプトは、他の地域でも定着すれば、空き家や民泊の問題解決につながります。同じようなアイデアを推し進めている人々と連携しながら、こうしたスタンダードをつくるために、「日本まちやど協会」という一般社団法人の設立を計画中だそう。

また、hanare自体は、「空き物件を自力でリノベーションするのはリスクが高いが、更地にもしたくない」というオーナーに、10年間前払い家賃という形で家賃を支払い、そのお金でリノベーションをしてもらうのだとか。そしてその代わりに、相場より安い家賃で借り受けることによって、お互いがリスクを分散する方法なのだそうです。

小黒と宮崎さんのトークは5月26日(金)まで続きます! どうぞお聞き逃しなく!

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「LOHAS TALK」

放送日時:平日 20時40分−20時50分

オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。