体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『バイオハザード・ヴェンデッダ』清水崇&カプコン小林Pインタビュー「フルCGアニメでホラーもアクションも人間ドラマもやる」

人気サバイバルホラーゲーム「バイオハザード」シリーズを原作としたフルCG長編アニメの第3弾『バイオハザード・ヴェンデッダ』が5月27日より公開となります。

『THE NEXT GENERATION パトレイバー』等を手がける辻本貴則が監督を務める本作は、『呪怨』シリーズの清水崇監督がエグゼクティブ・プロデューサー、カプコンの小林裕幸プロデューサーが原作監修を行っています。今回は、清水EPと小林プロデューサーに本作の見どころから、ホラー描写へのこだわりなど色々とお話を伺ってきました。

―本作大変楽しく拝見させていただきました。『バイオハザード』という人気タイトルに、清水崇監督が加わるというホラーファンにとってもたまらない作品で。

清水:僕が監督だったら違ったかもしれませんが、今回はエクゼティブプロデューサだから意見を言いやすくて、ダメ元で無茶言っていました。歴史あるシリーズというのは難しいことも多いですが、ハッキリと判断してくれるプロデューサーの小林さんがいたので、やりやすかったです。

小林:最初は『バイオハザード』の世界観としては、強いホラー作品になっては問題なので、バランスをとるのが大変だなと構えていた部分がありました。でも辻本監督が色々な要素をうまくまとめてくださったので。

―清水崇監督が『バイオハザード』の映画のプロデューサーを務めるという点で、最初小林さんはどう思われましたか?

小林:僕は実は、ホラーって苦手で全然観てこなかったんですね。『バイオハザード』の仕事に就いて初めて観たので。この仕事じゃなかったら今も絶対観てないです(笑)。でも勉強のために色々観させていただく様になって、清水さんが携わってくれるというのは素直に嬉しかったです。『呪怨』の、世界の監督と一緒に仕事が出来るというのは。

―清水さんがエクゼティブプロデューサとして一番譲りたくないことは何でしたか?

清水:まずは辻本監督ならばアクションを活かさなきゃ、という所でしょうか。辻本さんにアクションをまかせ、『バイオハザード』の世界観は小林さんにまかせ、僕は恐怖描写や人間ドラマのリアリティをどの様にCG作品に入れ込むかと考えました。

―小林さんはいかがですか?

小林:2人の素晴らしい監督が加わってくださって、2人とも『バイオハザード』は初めてでしたから、世界観的に出来ないことは出来ないとハッキリ言わせてもらいましたが、基本的にやりたいことは実現できるように意識しました。作り手の気持ちとファンとカプコンのスタッフと、すべての方が満足出来る作品にしたかったので。

清水:『バイオハザード』の世界観を守ってくれた小林さんの役割は大きいですね。僕と辻本監督は知らずに主張することも多かったので。けれど、脚本の深見さんがとにかく『バイオハザード』に詳しくて。ファンは勿論、これで初めて『バイオハザード』を知る人や、女性にも観て欲しいと考えて脚本を書いてくださいました。

小林:深見さんは本当にお詳しいですよね。脚本はしっかりやりましね、一番時間をかけたパートかと思います。CG技術もすごいですけど、脚本をしっかり練ったので人間ドラマもしっかりしている自信があります。CGだけど人間らしさを見た目、セリフ、シナリオのなかで描けたと。

清水:いや本当に、表情とか目線とか生身の芝居同様に感じ入る部分もあります。人間もいつか抜かされるかもって。ここまで実写に近いフルCGって日本独特の技術だと思うんですよ。

小林:海外だとデフォルメアニメっぽいのが多いですものね。

清水:ドラマに感情移入出来るのって、ここまでフォトリアルだと逆に難しいはずだと思うんですよ。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy